ベトナム航空831便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベトナム航空831便
事故の概要
日付 1988年9月9日
概要 機体への落雷
現場 タイ王国の旗 タイパトゥムターニー県ラムルークカー郡英語版
乗客数 84人
乗員数 6人
死者数 76人
生存者数 14人
機種 Tu-134
運用者 ベトナム航空
機体記号 VN-A102
出発地 ハノイ国際空港
目的地 ドンムアン空港

ベトナム航空831便墜落事故(ベトナムこうくう831びんついらくじこ)とは、ハノイバンコク行きベトナム航空831便 (Tu-134) がタイパトゥムターニー県ラムルークカー郡英語版サマファーカム村 (Samafahkarm Village) 付近の田地に墜落した航空事故である。事故原因は不明だが、パイロットは機体に被雷した可能性があると報告した[1]。この事故で乗組員3人と乗客73人が死亡した。この事故は事故当時タイ史上2番目に最悪な事故であり、現在では5番目に最悪な事故である[2]

脚注[編集]