ベデカー爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベデカー爆撃(ベデカーばくげき、: Baedeker Blitz)は、第二次世界大戦1942年4月からドイツドイツ空軍)によって行われたイギリスの歴史的都市に対して行われた爆撃。 『ベデカー』は有名なイギリスの旅行案内ブックであるが、あるドイツ軍人が「ベデカー旅行案内書で三ツ星がついているイギリスの建物を全部爆撃してやれ」と言ったことからこの名前がつけられた[1]

経緯[編集]

第二次世界大戦時の1942年3月イギリスは焼夷弾を中心とする都市破壊爆撃の実験を、中世のハンザ同盟時代から栄えた港町であるリューベック(ドイツ)で行った。4月には別のハンザ同盟都市ロストック(ドイツ)が空爆された。2つの歴史的都市の破壊に対する報復としてドイツ軍が行ったのが「ベデカー爆撃」として有名になった[2]

ドイツは1942年4月からエクセターバースノリッチヨークカンタベリーを爆撃。5つの歴史都市が爆撃され、5万の建物と重要文化財が破壊された[3]

脚注[編集]

  1. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書89頁
  2. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書88-89頁
  3. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書89頁