ベッド・バス・アンド・ビヨンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベッド・バス・アンド・ビヨンドの店舗(カリフォルニア州

ベッド・バス・アンド・ビヨンド(Bed Bath & Beyond, Inc.、NASDAQ: BBBY)は、1971年に設立され、今日ではアメリカ合衆国カナダで地域雑貨小売店チェーンを展開している。ほとんどの商品は中級品だが、高品質の地域限定商品も扱っている(寝室、浴室、台所、そしてダイニングルーム用商品)。S&P 500およびNASDAQ-100のメンバーである。

本社所在地はニュージャージー州ユニオン郡ユニオン・タウンシップ・リバティー・アベニュー650番地。

ベッド・バス・アンド・ビヨンドは、クリスマス・ツリー・ショップス(Christmas Tree Shops)、バイバイ・ベイビー(buybuy Baby)、ハーモン・フェイス・バリューズ(Harmon Face Values)、そしてホーム・アンド・モア(Home and More、メキシコ)と合併した。

ポップカルチャー[編集]

ベッド・バス・アンド・ビヨンドの「ビヨンド」(Beyond、「…の先に」の意味)に絡み、多くのジョークがテレビで生まれた(『ファミリー・ガイ』(原題:Family Guy)、『フューチュラマ』(同Futurama)、『グッド・イーツ』(同Good Eats)、『ザ・シンプソンズ』(同The Simpsons)、『ふたりは友達? ウィル&グレイス』(同Will & Grace)そして『イン・ヤン・ヨー!』(同Yin Yang Yo!))。 「ビヨンド」はまた、アダム・サンドラー(Adam Sandler)とクリストファー・ウォーケン(Christopher Walken)の2006年のコメディ映画『もしも昨日が選べたら』(原題:Click)でも使われた。「ビヨンド」マークの付いたドアはウォーケンの開くワークショップにつながっていて、「ウェイ・ビヨンド」のマークの付いたドアは彼の探していた万能リモコンのある巨大な倉庫につながっていた。サンドラー扮するキャラクターは万能リモコンがあるかどうか尋ねたが、そこにはなかった。また、コメディ人形劇『チーム★アメリカ/ワールドポリス』の「America FUCK YEAH」というトレイ・パーカー(Trey Parker)の歌でも扱われた。

外部リンク[編集]