ベター・ビー・グッド・トゥ・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベター・ビー・グッド・トゥ・ミー
スパイダー の シングル
収録アルバム ビトウィーン・ザ・ラインズ
B面 I Love
リリース 1981年
ジャンル ロックハードロック
レーベル ドリームランド・レコード
作詞・作曲 ホリー・ナイト、ニッキー・チン、マイク・チャップマン
プロデュース マイク・チャップマン[1]
テンプレートを表示

ベター・ビー・グッド・トゥ・ミー[2]」(Better Be Good to Me)は、アメリカ合衆国ロックバンド、スパイダー(Spider)が、1981年にアルバム『ビトウィーン・ザ・ラインズ』で発表した楽曲。この曲は、ティナ・ターナーがアルバム『プライヴェート・ダンサー』(1984年)で取り上げたことで知られ[3]、ティナのヴァージョンには「あなたのとりこ」という日本語タイトルが付けられた。

オリジナル・ヴァージョン[編集]

この曲は、スパイダーのキーボーディストであったホリー・ナイトが、ソングライター・チームのニッキー・チン&マイク・チャップマンと共作したもので、チャップマンはプロデュースも担当した[1]。本作を収録したアルバム『ビトウィーン・ザ・ラインズ』は、アメリカのBillboard 200で185位に達した[4]

ヨーロッパでは、『ビトウィーン・ザ・ラインズ』収録曲「I Love」をB面に収録したシングルとしてもリリースされた。アメリカでは、B面に「Between The Lines」と「I Can't Love This Way Anymore」を収録したプロモーション盤12インチ・シングルが存在する[5]

ティナ・ターナー・ヴァージョン[編集]

あなたのとりこ
ティナ・ターナーシングル
収録アルバム プライヴェート・ダンサー
B面 When I Was Young
リリース 1984年9月
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
ジャンル R&Bロックポップス
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 5分10秒
7分03秒(12インチ・シングル)
プロデュース ルパート・ハイン
チャート最高順位
  • 5位(アメリカ[6]
  • 21位(アイルランド[7]
  • 22位(オランダ[8]、ニュージーランド[9]
  • 45位(イギリス[10]
  • 52位(ドイツ[11]
ティナ・ターナー シングル 年表
愛の魔力
(1984年)
あなたのとりこ
(1984年)
プライヴェート・ダンサー
(1985年)
テンプレートを表示

ティナ・ターナーは、1984年5月発表のアルバム『プライヴェート・ダンサー』でこの曲を取り上げて、同年にはシングル・カットしている。ザ・フィックス(The Fixx)のサイ・カーニンとジェイミー・ウェスト=オーラムがレコーディングに参加した[12]

ティナの母国アメリカではBillboard Hot 100で5位、『ビルボード』誌のダンス・ミュージック/クラブ・プレイ・シングル・チャートでは16位、メインストリーム・ロック・チャートでは32位に達した[6]。ティナのヴァージョンは、グラミー賞最優秀ロック・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞[6]

このヴァージョンは、1984年にアメリカのテレビドラママイアミ・バイス』のサウンドトラックで使用され、同作のオリジナル・サウンドトラック・アルバムにも収録された[13]。なお、ティナ・ターナーのアルバム『プライヴェート・ダンサー』および、後にリリースされたベスト・アルバムの日本盤CDでは、本作の日本語表記は「あなたのとりこ」で定着しているが[14]、『マイアミ・バイス』関連の日本盤CDでは「ベター・ビー・グッド・トゥ・ミー」と表記されている[15]

脚注・出典[編集]