ベタ・イスラエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴンダールインジェラを焼くベタ・イスラエルの女性(1996年)

ベタ・イスラエルBeta Israelヘブライ語: ביתא ישראל‎、ゲエズ語: ቤተ እስራኤል)とはエチオピアに住むユダヤ人の呼称。エチオピアの非ユダヤ人からはファラシャと呼ばれるが、ゲエズ語では「流浪民」・「異邦人」の意味で、ベタ・イスラエルからはファラシャという呼称は「侮蔑的である」として忌避される[1]

エチオピア国内のベタ・イスラエルの85%以上にあたる110,700人を越える人々が帰還法によってイスラエルに移住した。帰還法は、ユダヤ人を両親や祖父母に持ち、或いはユダヤ人の子孫である者はイスラエルに居住でき市民権を得られる、という法律である。イスラエル政府は1984年モーゼ作戦1991年ソロモン作戦などを実施し、内戦下のエチオピアで飢餓やデルグ政権下の中央革命捜査局による迫害[2]に苦しんでいたベタ・イスラエルをイスラエル国内に移住させた。ベタ・イスラエルのイスラエルへの移住は少数ながら現在でも続いている。

キリスト教に改宗したベタ・イスラエルの集団はファラシャ・ムラとも呼ばれるが、中にはユダヤ教に戻りハラーハーに従っている者もいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FILM: 'FALASHA' LIMNS ETHIOPIAN JEWS' PLIGHT(英語) 2012年4月6日閲覧。
  2. ^ Bruce Quarrie (1986), THE WORLD SECRET POLICE, London, Octpus Books