ベタニア・デラクルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベタニア・デラクルス
Bethania De la Cruz
 No.18
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
生年月日 1987年5月13日(27歳)
出身地 サントドミンゴ
ラテン文字 Bethania De la Cruz
身長 188cm
体重 58kg
選手情報
所属 トルコの旗 エジザージュバシュ・ヴィトラ
愛称 ベティ
ポジション WS
利き手
スパイク 322cm
ブロック 305cm
テンプレートを表示

ベタニア・デラクルス・デペニャ(Bethania De la Cruz De Peña, 1987年5月13日 - )は、ドミニカ共和国の女子バレーボール選手。サントドミンゴ出身。ポジションはウイングスパイカーバレーボールドミニカ共和国女子代表

来歴[編集]

2004年ドミニカ代表に初選出される。2007年からスタメンに定着し、同年のワールドカップでは、スコア部門で5位、ブロック部門で7位の成績を修めた。2007-2008シーズンはVプレミアリーグ東レ・アローズでプレー。チームの初優勝に貢献し、自身もベスト6に選ばれた。2008-2009シーズンから韓国のGSカルテックスに移籍しレギュラーラウンド1位、同シーズン準優勝を果たす原動力となった。また、2009日韓トップマッチで古巣の東レと対戦した。

産休でしばらく代表からは外れていたが、2010年世界選手権で1年ぶりに代表に復帰した。2011年の北中米選手権で準優勝し大会MVPに選出された。同年11月のワールドカップに出場し、ベストスコアラーとベストサーバーに輝いた。

2011-2012シーズンは日本のデンソー・エアリービーズに移籍した[1](2012年4月に退団[2])。

2012年2月5日の対久光戦で1試合54得点(アタック49点、ブロック2点、サーブ3点)をマークした。これはマデライネ・モンターニョが2011年11月に韓国Vリーグで遂げた記録にならぶ当時の世界最高記録であった[3][4]

2012年5月のロンドン五輪北中米大陸予選で優勝し、同年7-8月開催のロンドンオリンピックに出場した。 2012-13シーズンにGSカルテックスに再加入した。

2013年より代表チームの主将を務め、モントルーバレーマスターズで3位入賞、北中米選手権2位、グラチャンではチームを牽引する活躍を見せた。

2014年6月のパンアメリカンカップで優勝し、ベストウィングスパイカー賞に輝いた。2014-15シーズンよりトルコリーグの強豪エジザージュバシュ・ヴィトラに移籍する。

球歴[編集]

受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]