ベストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベストラ古ノルド語: Bestla)は、北欧神話に登場する古代のヨトゥン族(霜の巨人)の女性である。 巨人ボルソルンの娘である[1]

概要[編集]

スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第6章によると、彼女はボルと結婚し、オーディンヴィリヴェーの母となった[1]

知恵の巨人ミーミルはオーディンの伯父とされている[2]。すると、巨人である母ベストラの兄ということになるが、ミーミルとベストラが兄妹だという根拠は『エッダ』においては不明である。

イギリスの著述家ドナルド・A・マッケンジーは、さまざまな伝承を取捨選択し物語仕立てにして北欧神話を紹介するその著書『北欧のロマン ゲルマン神話』(日本語題)において、原始巨人ユミルの左の脇の下に汗がたまり、詳細の不明な最高神の力で、そこからミーミルとベストラが生まれたという経緯を書いている[3][注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この部分が著者の創作なのか、同書8頁に執筆にあたって参考にしたとある『Teutonic Mythology』(スウェーデンの民間伝承学者ヴィクトル・リュードベリ (en)の著書。題名和訳は『ゲルマン神話』)にそのような記述があったのか、はっきりしない。

出典[編集]

  1. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』229頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』21頁。
  3. ^ 『北欧のロマン ゲルマン神話』21頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

備考[編集]

土星の衛星のうち北欧群と呼ばれる天体群の1つに、彼女の名に由来した「ベストラ」という名前が与えられている。