ベストモータリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベストモータリング (Best MOTORing) とは、株式会社2&4モータリング社より発売されていた月刊カー・ビデオマガジン[1]

概要[編集]

1987年12月に創刊された、国内著名レーシングドライバーによるインプレッションなどを中心とした映像媒体の自動車雑誌。元々VHSビデオで販売されていたが、後に媒体がDVDへと変わった。価格は2008年時点でDVD60分の収録時間で2,000円(税込み2,100円)。一般に「ベスモ」と略され、商品パッケージには「Best MOTORing」と表記されている。2009年1月号より、収録映像サイズが16:9となった。

2002年には東京通信ネットワーク(TTNet、後のパワードコム)と提携し「ベストモータリング.jp」が開設され[1]、日本車中心の新車の印象や人気レーサーによるドライビングテクニックなどのコンテンツが提供された[1]

2011年4月25日、翌日に発売される2011年6月号を最後に休刊となることが発表され[2]、発売元である2&4モータリング社も消滅した。

出演(キャスター)[編集]

主な内容(休刊間際)[編集]

  • ニューカーインプレッション:毎月注目の車をレーシングドライバーがサーキット・ワインディングコースを使ってインプレッション。
  • サーキットバトル:注目車種とそのライバル車種をサーキット(主に筑波サーキット)に集めて最速車を決定する。
  • パニックブレーキランキング:高速走行からのパニックブレーキで車両の安定性・制動力などを評価する。担当ドライバーは服部尚貴。アシスタントとして佐藤恵が出演。
  • サスペンション検定:一般道の走行の他にスラロームやレーンチェンジ走行から各車種のサスペンション能力を評価する。担当ドライバーは荒聖治。

主な内容(過去)[編集]

  • マイカーバトル:キャスターの自己所有車をサーキットで競わせる企画。
  • ちょっとチューニングバトル:モデルチェンジした場合、新型車と軽くチューニングした旧型車を競わせる企画。
  • ワインディングインプレッション:主に都内の一般道~高速道路~箱根道路を走行し、操縦性や燃費、使い心地を比較する企画。

ホットバージョンの派生[編集]

1991年、ホットバージョンが発行され、チューニング関係のハードな内容はそちらに移り、ベストモータリングに改造車が出場する機会は、一部の欧州車を除いて激減した。

休刊について[編集]

休刊の理由として、ベスモプログには「若者のクルマ離れでDVDが売れなくなった。ごくごく一般的な理由としては間違いではありません。今は、そうご理解ください。」という掲載がされた。中谷明彦は、後年になって内容が編集や脚色、脚本による情報操作が強くなり、娯楽性は高まったが真実と乖離してしまい、妥協出来なくなって理念としてベスモを去ったとしている。また初代編集長の正岡貞雄は、こんな内容になってしまったら休刊して当然と述べた。


エピソード[編集]

  • 1996年1月号の筑波サーキットで行われた無差別級バトルでの出来事。黒澤元治が乗っていたポルシェがバックストレートを走行中、元々整備不良によるギア抜けの症状が出ていたミッションが完全に壊れて走行不能となった。やむなく車を横へ寄せようとした所、不運にも中谷明彦が乗るスカイラインGT-Rが同じタイミングで追抜きをかけた為、GT-Rは行き場を失いクラッシュ寸前の事態となった。中谷明彦の見事な緊急回避テクニックでクラッシュは免れたが、一歩間違えば大クラッシュに繋がりかねないアクシデントだった。中谷はレース後一緒にキャスターをしていた土屋圭市や大井貴之などから大絶賛された。
  • 1995年4月号で他社の車とR33GT-Rの性能を比較するコーナーでの出来事。土屋圭市が自ら購入した愛車のR33GT-Rを持ち込むが、日産の用意した広報車に大差で敗北を喫し激怒。(この広報車は車高キャンバー角が市販車と異なる仕様になっており、さらにオイルクーラー、強化ブレーキパッドが搭載されていた。)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c TTNet、コンテンツ配信で2&4モータリングなどと提携『日刊工業新聞』2002年8月27日 9頁 (全254字)
  2. ^ お知らせ[リンク切れ](2011年4月25日)

外部リンク[編集]