ベイ郡 (ミシガン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシガン州ベイ郡
ベイ郡の位置を示したミシガン州の地図
郡のミシガン州内の位置
ミシガン州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1857年2月17日[1]
郡庁所在地 ベイシティ
最大の都市 ベイシティ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,634 km2 (630.91 mi2)
1,151 km2 (444.25 mi2)
483 km2 (186.66 mi2), 29.59%
推計人口
 - (2010年)
 - 密度

107,771人
94人/km2 (242.59人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.baycounty-mi.gov

ベイ郡: Bay County)は、アメリカ合衆国ミシガン州ロウアー半島の東部に位置するである。2010年国勢調査での人口は107,771人であり、2000年の110,157人から2.2%減少した[2]郡庁所在地ベイシティ市(人口34,932人[3])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

ベイ郡はベイシティ大都市圏に属している。

歴史[編集]

19世紀[編集]

ベイ郡は1857年にミッドランド郡サギノー郡アレナク郡の一部を合わせて設立された。当時は人口も僅かだったために、アレナク郡政府も未組織だったので、管理上の目的でサギノー郡に付設された。サギノー郡とミッドランド郡の選出役人からはバー郡の創設にかなりの反対があった。1854年、州議会に提出されたベイ郡創設法案は賛成少数で否決されていた。

1857年、新たな法案が議会に提出された。サギノー郡とミッドランド郡の代議員から反対意見が出た後、判断を「当該郡」の有権者に委ねるという妥協案が示され、1857年2月17日に議会を通過した。この案件はサギノー郡とミッドランド郡の有権者全員の審判に委ねられ、完全に否決された。しかし、ベイ郡として提案されていた領域の住民は提案を承認した。議会を通過した法案は、ベイシティの弁護士チェスター・H・フリーマンが念入りに挿入した言葉があり、ベイ郡が批准を主張できることになっていた。この法の下で、ベイ郡創設は1857年4月20日に効力を発揮した。

ベイ郡住人は1857年6月に郡役員を選ぶ選挙を行った。しかし、サギノー郡が新しい郡政府の組織を承認しようとはしなかった。1858年冬、フリーマンがベイ郡の組織を確認する法案を議会に通した。しかしこの法案に対しては州知事が拒否権を行使した。この件はミシガン州最高裁判所で審議され、その1858年5月の判断で落着した。この訴訟では被告がサギノー郡裁判所で審問されたが、想定される違反はベイ郡で起きており、サギノー郡裁判所の管轄権にはないと主張して、訴訟の取り消しを求めた。フリーマンが被告側に立ち、論述を準備したが、病気のために出廷できなくなった。フリーマンの妻の要請によってウィリアム・M・フェントン大佐がミシガン州最高裁判所で弁論を行い、ベイ郡は十分に組織化された郡であると宣言されることとなった[4]

20世紀[編集]

1978年、ベイ郡は郡執行役形式の政府を採用した。これはオークランド郡に次いで州内では2番目だった。1973年の法第139では[5]、指名された郡マネジャーあるいは選出された郡執行役の下に郡政府を統合する形態を選択肢として認めていた。郡執行役が居る場合、郡政府の全ての部門はそれぞれ選挙で選ばれた役人が長となるのではなく、郡執行役の指示に従うこととなる。また郡政委員会が可決した動議や決議に対して拒否権を発動することもできる。

この形態の政府を採用してからベイ郡には3代の郡執行役が就任した。現在の執行役トマス・ヒックナーは1993年に就任したので、20年間近く務めていることになる。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は630.91平方マイル (1,634.0 km2)であり、このうち陸地444.25平方マイル (1,150.6 km2)、水域は186.66平方マイル (483.4 km2)で水域率は29.59%である[6]

  • サギノー川がベイシティを流れている。コーコーリン川が郡中部の大半から排水している。ピンコニン川とサガニン・クリークが郡北部から排水している。ヒューロン湖のサギノー湾が東方にあり、郡の名前もこれから採られた。
  • 州間高速道路75号線とアメリカ国道23号線が郡内では道路を共有しており、南北の幹線である。ベイシティの北では、ミシガン州道13号線が数マイル東を並行して走っている。アメリカ国道10号線は東の終点がベイシティにある。州道25号線が東から、15号線が南東から、84号線が南西からベイシティに入ってきて市の内外で終端となっている。
  • 郡はフリント/トリシティーズ地域に属している。また大トリシティーズ地域を形成している

主要高規格道路[編集]

  • I-75.svg 州間高速道路75号線
  • I-75.svg 州間高速道路75号線産業道路、ベイシティへの環状線
  • US 10.svg アメリカ国道10号線
  • US 23.svg アメリカ国道23号線
  • M-13.svg ミシガン州道13号線
  • M-13.svg ミシガン州道13号線接続線
  • M-15.svg ミシガン州道15号線
  • M-25.svg ミシガン州道25号線
  • M-47.svg ミシガン州道47号線
  • M-61.svg ミシガン州道61号線
  • M-84.svg ミシガン州道84号線
  • M-138.svg ミシガン州道138号線
  • M-247.svg ミシガン州道247号線

隣接する郡[編集]

1873年のベイ郡図、10年後にアレナク郡がこの地図の北部にある郡区から組織化された[7]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1860 3,164
1870 15,900 402.5%
1880 38,081 139.5%
1890 56,412 48.1%
1900 62,378 10.6%
1910 68,238 9.4%
1920 69,548 1.9%
1930 69,474 −0.1%
1940 74,981 7.9%
1950 88,461 18.0%
1960 107,042 21.0%
1970 117,339 9.6%
1980 119,881 2.2%
1990 111,723 −6.8%
2000 110,157 −1.4%
2010 107,771 −2.2%
2011(推計) 107,110 −2.8%
U.S. Decennial Census
2011 estimate

以下は2010年国勢調査による人口統計データである[8]

基礎データ

  • 人口: 107,771人
  • 世帯数: 44,603 世帯
  • 家族数: 29,116 家族
  • 人口密度: 94人/km2(244人/mi2
  • 住居数: 48,220軒
  • 住居密度: 42軒/km2(109軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 22.2%
  • 18-24歳: 8.5%
  • 25-44歳: 23.6%
  • 45-64歳: 29.5%
  • 65歳以上: 16.2%
  • 年齢の中央値: 42歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.9
    • 18歳以上: 93.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 28.5%
  • 結婚・同居している夫婦: 48.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.8%
  • 非家族世帯: 34.7%
  • 単身世帯: 29.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.38人
    • 家族: 2.92人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 45,451米ドル
    • 家族: 52,784米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,035米ドル
      • 女性: 18,294米ドル
  • 人口1人あたり収入: 22,378米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 16.2%
    • 対家族数: 11.2%
    • 18歳未満: 23.7%
    • 65歳以上: 7.0%

郡政府[編集]

郡政府は郡監獄の運営、地方道の維持、地方裁判所の運営、権利譲渡と抵当権設定記録など重要記録の維持、公衆衛生規制の管理、福祉など社会サービスの項目で州の施策への参加を行う。郡政委員会は予算を管理するが、法や条例を作るのは限定付き権限である。ミシガン州では、警察と消防、建設と区画割、税評価、街路維持など地方政府の大半機能は個々の都市と郡区の責任である。

郡区[編集]

ベイ郡は下記14の郡区に分割されている。

  • バンゴー・チャーター
  • ビーバー
  • フランケンラスト
  • フレーザー
  • ガーフィールド
  • ギブソン
  • ハンプトン・チャーター
  • コーコーリン
  • メリット
  • モニター・チャーター
  • マウントフォレスト
  • ピンコニン
  • ポーツマス・チャーター
  • ウィリアムズ・チャーター

都市と町[編集]

都市

  • なし

未編入の町

  • ベントレー
  • クランプ
  • デュエル
  • コーコーリン
  • リンウッド
  • マウントフォレスト
  • マンガー
  • ウィラード
  • ユニバーシティセンター

宗教[編集]

ベイ郡はローマ・カトリック教会サギノー教区[9]に属している。

脚注[編集]

  1. ^ http://baycounty-mi.gov/AboutBayCounty/HistoryBayCounty.aspx
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Bay County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Bay City, Michigan - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Butterfield, George Ernest; George N. Fuller (2005) [192?]. “Conty Organization and Government”. History of Bay County. Ann Arbor, Mich.: University of Michigan Library. pp. 42–53. http://quod.lib.umich.edu/cgi/t/text/pageviewer-idx?c=micounty;cc=micounty;q1=organized;rgn=full%20text;idno=arx1008.0001.001;didno=arx1008.0001.001;view=image;seq=00000040 2008年3月22日閲覧。. 
  5. ^ Act 139 of 1973
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  7. ^ Kusmierz, Marvin (2005年10月). “Michigan Map History Relevant to Bay County, MI”. 2012年8月26日閲覧。
  8. ^ American Factfinder”. United States Census Bureau. 2012年3月11日閲覧。
  9. ^ Saginaw County Diocese home page

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度43分 西経83度56分 / 北緯43.72度 西経83.94度 / 43.72; -83.94