ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件は、レバノン内戦中の1983年レバノンベイルートにあるアメリカ海兵隊の兵舎が車爆弾を使用した自爆テロで狙われた事件である。アメリカ海軍アメリカ陸軍の兵士も含め241人が死亡、60人が重軽傷を負った。1日の死者としてはアメリカ海兵隊の歴史上、太平洋戦争硫黄島の戦いに次ぐ犠牲者数となった。 この事件の2分後、同じく国際平和維持部隊を構成していたベイルートにあるフランス陸軍空挺部隊の兵舎も同じように自爆テロで攻撃され、58人のフランス軍兵士が死亡、15人が重軽傷を負った。こちらもアルジェリア内戦以来の死者数だった。

煙を噴き上げるベイルート国際空港のアメリカ海兵隊兵舎
爆破されたアメリカ海兵隊兵舎
爆破前のアメリカ海兵隊兵舎(1982年撮影)

事件概要[編集]

1983年10月23日午前6時20分、1台の黄色いメルセデス・ベンツワゴン車ベイルート国際空港に向った。そこにはアメリカ海兵隊の第2海兵師団の第8海兵連隊の現地司令本部が置かれていた。ワゴン車は当初、水を運んでいるように思われた。しかし車内には5,400kg相当のTNTが詰まれていた。ワゴン車は兵舎前の駐車場を一巡し、それから加速して有刺鉄線を突破して玄関を突き破りロビーに激突して爆発した。爆弾はガスによって起爆する仕組みで、爆弾の上には瓦礫が積み重ねられており爆発で飛散する構造であった。爆発によって4階建ての建物は完全に崩壊した。

2分後、西ベイルートから6kmのところに置かれたフランス軍の第1猟兵落下傘連隊本部が類似の車爆弾で狙われた。車は建物の地下駐車場に入ると爆発、8階建ての建物は完全に崩壊した。フランス軍兵士たちはアメリカ海兵隊兵舎爆破の音を聞いて窓に集まっていた最中であった。

救助活動は狙撃兵に狙われ困難を極めた。負傷者は沖合いに停泊していた強襲揚陸艦イオー・ジマに運ばれキプロスなどに移された。

ベイルートを拠点とし同年4月のアメリカ大使館爆破事件などレバノン内戦時に盛んに反米デロを行っていたイスラーム聖戦機構(Islamic Jihad Organization)が犯行声明を出した。背後にはヒズボラの関与が指摘されているが、ヒズボラ・イランシリアとも関与を否定している。

ロナルド・レーガンアメリカ大統領は直ちにテロを非難する声明を発表、直後にフランソワ・ミッテランフランス大統領とジョージ・H・W・ブッシュアメリカ副大統領は現地入りし、米仏首脳とも国際平和維持部隊のレバノンからの撤退はない、とする声明を発表した。米仏はイラン革命防衛隊がヒズボラの軍事訓練を行っているバールベック空爆を計画したが、これは中止された。12月、空母ジョン・F・ケネディインディペンデンスから飛び立った戦闘部隊がベイルートのシリア軍陣地を爆撃した。翌年2月、アメリカ軍地上部隊はレバノンから撤退した。また戦艦ニュージャージーベッカー高原のシリア軍陣地を砲撃し数百人のドゥルーズ派民兵やシリア兵を殺害した。5月、ベイルートのムハンマド・フセイン・ファドラッラー自宅近くで車爆弾による爆発が発生し80人以上が死亡した。ファドラッラーはヒズボラの精神的指導者であり、ヒズボラはアメリカによる犯行であると非難した。

イスラエル諜報特務庁(モサッド)職員・ヴィクトール・オスロフスキーは、モサッドはベイルートのアメリカ海兵隊兵舎爆破事件の計画を事前に知っていたが、モサッド長官のナフーム・アドゥモニは意図的にアメリカに通知しなかった、とモサッドを批判した[1]。モサッドはレバノン内戦に介入するアメリカを快く思っていなかったという。

影響[編集]

平和維持軍を構成していたアメリカ軍・フランス軍などはレバノンからの撤退を余儀なくされた。ヒズボラは関与を否定しているが、戦果を宣伝し、パレスチナにおける発言力を増した。

中東において車爆弾を最初に使用したのはパレスチナ人殺害目的でイスラエルの武装組織・レヒであるとされる。その後、レバノン内戦を契機に車を用いた自爆テロは中東全域で多用されるようになった。特にヒズボラ系組織が好んで用いた。1979年ソビエト軍のアフガニスタン侵攻が起こるとCIAを後ろ盾にパキスタン軍統合情報局イスラム義勇兵に爆弾技術を指導した。1983年にベイルートで相次いで起こったこのアメリカ大使館と海兵隊兵舎爆破事件がイスラム過激派に与えた影響は極めて大きく、1983年はエポックメーキングな年となった。特にアフガニスタンを経験しているアルカーイダは車を用いた自爆テロをアメリカ軍施設を対象に重ねることになる。

脚注[編集]

関連項目[編集]