ベイピアオサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベイピアオサウルス
Beipiao1mmartyniuk.png
ベイピアオサウルス復元図
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
上科 : テリジノサウルス上科 Therizinosauroidea
: テリジノサウルス科Therizinosauridae
: ベイピアオサウルス属 Beipiaosaurus
学名
Beipiaosaurus
和名
ベイピアオサウルス ベイピャオサウルス

B.inexpectus模式種

ベイピアオサウルスBeipiaosaurus)は白亜紀前期に生息していた恐竜の一種。テリジノサウルス類に属し、それらの中では古い種のひとつ。

全長は2 - 2.2メートル程でテリジノサウルス類としては小型。化石は近年、いわゆる“羽毛恐竜”の発掘が相次いでいる中国遼寧省で発掘された。前肢に原始的な羽毛と思しき痕跡が認められたことから、生前は体を羽毛に包まれていた可能性がある。前肢の相対的な長さと体のサイズから飛翔は不可能だったと見られ、(少なくとも本種については)羽毛は体温保持の目的が主だったのだろうと推測される。

他種と同様に前肢には長く鋭い爪を持つ3本の指が存在した。テリジノサウルス類は後肢の機能指4本が全て接地するのが特徴のひとつだが、ベイピアオサウルスの後肢の機能指は3本のみが接地し、残る1本の指は他系統の獣脚類のように小さなままだった。

学名は中国の地名「北票」(ベイピャウ)に因む命名。