ベイビー・ジェーン・ホルツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベイビー・ジェーン・ホルツァー(Baby Jane Holzer、本名ジェーン・ブルッケンフェルド、Jane Brookenfeld、1940年10月23日生-)はアンディ・ウォーホルの初代アイドルとして知られた

経歴[編集]

フロリダで不動産業を営む裕福な家庭で育つ。

ニューヨークの大学を卒業した後、モデルの仕事をはじめる。1963年、『ヴォーグ』で写真家デヴィッド・ベイリーが彼女を取り上げ、 エディターが彼女をアンディ・ウォーホルに紹介。

彼女はアンディ・ウォーホルの最初のアイドル(二番目はイーディ・セジウィック)となり、1964年、ウォーホルのショートムービー『Screen Test』に出演した。

ベイビー・ジェーンという愛称は、映画『何がジェーンに起ったか?』の主人公の愛称からつけられたが、彼女はその愛称が気に入らず、「死にたかったわ」と一言[要出典]

その後、ウォーホルの映画に数本出演するが、ファクトリーが薬物付けになると彼女はウォーホルのもとを離れた。

私生活では、レオナルド・ホルツァーと結婚。また、パームビーチで「ベイビージェーン」というアイスクリーム店を開店した。 現在は不動産投資や映画プロデュースを行っている

外部リンク[編集]