ベイサイド・ステーション駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベイサイド・ステーション駅
ベイサイド・ステーション(2012年2月19日)
ベイサイド・ステーション(2012年2月19日)
べいさいど・すてーしょん - Bayside Station
所在地 千葉県浦安市舞浜
所属事業者 舞浜リゾートライン
所属路線 ディズニーリゾートライン
キロ程 1.8km(リゾートゲートウェイ・ステーション起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
6,429人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 2001年(平成13年)7月27日
改札口(2012年1月)

ベイサイド・ステーション駅(ベイサイド・ステーションえき、Bayside Station)は、千葉県浦安市舞浜にある、ディズニーリゾートラインである。 一般にはベイサイド・ステーションと案内される。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の高架駅で、ホームゲートが設置されている。オフィシャルホテルへの玄関駅であり、駅の下にはホテルと駅を結ぶシャトルバス「ディズニーリゾートクルーザー」用のバスターミナルがある。駅の出入り口からリゾートラインと並走している道路の歩道へ直接出る事はできない。

午後・夜間は入庫列車の終着駅となる。入庫列車は当駅到着後東京ディズニーシー・ステーション駅まで回送され入庫となる。午前の入庫列車は東京ディズニーシー来園者の便を図り東京ディズニーシー・ステーション駅まで営業運転される。

駅のデザインはシンプルながらカラーリングは要所でプラム色を使うなど、鮮やかな色彩の駅である。ホームから線路に向かって突き出した屋根の向こう側に視線を遮る壁は無く、オフィシャルホテルを眺める事ができる。

エスカレータが駅に向かって左右各1基、エレベータ1基がある。改札口と券売機はホームと同じ2階にあり、特に区画を分けるような壁は無い。改札のすぐ先がホームである。トイレは1階にある。


配線図

舞浜リゾートライン
ディズニーシーステーション

STRg
STR+BSl
STR+BSl
STRg

ディズニーランドステーション

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗車人員は6,429人である。2002年度以降は減少傾向が続いており、2008年度以降はディズニーリゾートラインで最も乗車人員が少ない駅となっている。

開業以降の年度別1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである[1]

年度 1日平均
乗車人員
[2] 2001年(平成13年) 8,564
2002年(平成14年) 10,466
2003年(平成15年) 10,096
2004年(平成16年) 9,828
2005年(平成17年) 9,047
2006年(平成18年) 9,024
2007年(平成19年) 8,025
2008年(平成20年) 7,782
2009年(平成21年) 7,080
2010年(平成22年) 7,048
2011年(平成23年) 6,429

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

ベイサイド・ステーション駅と5つのオフィシャルホテルを結ぶ専用の無料シャトルバス「ディズニーリゾートクルーザー」のルートBが発着している。なお、ベイサイド・ステーション駅にはオフィシャルホテルへ徒歩での案内も掲示されている。(サンルートプラザ東京及び東京ベイ舞浜ホテルは徒歩10分、他の4つのホテルはどれも駅から徒歩3分と書かれている。)

  • 1番乗り場
    • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • 2番乗り場
    • ホテルオークラ東京ベイ
  • 3番乗り場
    • ヒルトン東京ベイ
  • 4番乗り場
    • 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
  • 5番乗り場
    • サンルートプラザ東京
    • 東京ベイ舞浜ホテル

また、混雑時にリゾート内駐車場とベイサイド・ステーション間で運行される「ゲスト・パーキング・シャトル」バスの発着点でもある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

舞浜リゾートライン
ディズニーリゾートライン
東京ディズニーランド・ステーション駅ベイサイド・ステーション駅東京ディズニーシー・ステーション駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉県統計年鑑
  2. ^ 2001年7月27日開業。開業日から翌年3月31日までの248日間のデータ。

関連項目[編集]