ベア・ブライアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・ウィリアム・”ベア” ・ブライアント (Paul William " Bear " Bryant、 1913年9月11日 - 1983年1月26日)は、アメリカ合衆国アメリカンフットボール指導者。愛称は「ベア」。カレッジフットボール史上最高のヘッドコーチ英語版の1人として知られている。カレッジフットボールディビジョン1Aの通算323勝は歴代2位、全米チャンピオン獲得数6回は、歴代1位。



人物[編集]

1913年9月11日、アーカンソー州フォーダイスに12人兄弟の11番目として生まれる[1]

1931年9月、アラバマ大学に入学し、全米屈指の名門校アラバマ大学クリムゾンタイドのフットボール部に入部し選手として活躍。1934年シーズンにはレギュラーシーズンを9戦全勝、スタンフォード大学とのローズボウルを制して全米チャンピオンとなり、1935年大学を卒業した。

1945年メリーランド大学ヘッドコーチとしてのキャリアを開始し、ケンタッキー大学テキサスA&M大学のヘッドコーチを経て母校アラバマ大学のヘッドコーチとなる。ジョー・ネイマスケン・ステイブラーオジー・ニューサムジョン・ハナなどNFLで名選手となり、プロフットボール殿堂入りする選手を育てあげた。

1981年11月28日、オーバーン大学を破りエイモス・アロンゾ・スタッグが持っていたカレッジフットボール通算勝利記録を更新した[1]

アラバマ大学を6回全米チャンピオンに導き、全米チャンピオン6回は、カレッジフットボールの監督として歴代最多の獲得数である。また、長い間、NCAAディビジョンIAの大学チームの監督勝利数323勝は歴代1位であった(現在はボビー・ボウデンの377勝についで歴代2位)。

1983年1月26日、アラバマ州タスカルーサ市のDruid City Hospitalで、心臓発作で急死。アラバマ大学フットボール部の監督を勇退して1週間後のことだった。墓所は、アラバマ州バーミングハム市の墓地にある。カレッジフットボール殿堂入り。死去の際、アメリカ合衆国ロナルド・レーガン大統領はその弔意を表した[1]大統領自由勲章受賞。

2001年にジョー・パターノによって通算勝利記録は更新されたが、のちにパターノがペンシルバニア州立大学ニタニー・ライオンズ監督時代のアシスタントコーチが児童性的虐待の容疑で逮捕された事件において、隠蔽工作をした事実が発覚し、NCAAによる制裁措置として111勝利分が抹消されたことから、パターノの通算勝利数は298勝と訂正された。現在ブライアントの通算勝利数323勝は歴代2位となっている[2]

著書[編集]

  • 『ウイニング・フットボール』翻訳:後藤完夫

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Paul William "Bear" Bryant”. encyclopediaofalabama.org. 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ Joe "JoePa" Paterno”. カレッジフットボール殿堂. 2012年2月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]