ベアトリス1世 (ブルゴーニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベアトリス1世・ド・ブルゴーニュ(Béatrice (Ire) de Bourgogne, 1140年代 - 1184年11月15日)は、ブルゴーニュ女伯(在位:1148年 - 1184年)。ブルゴーニュ伯ルノー3世と妃アガタ(ロレーヌ公シモン1世の娘)の間の唯一の子供で、父の死により幼くして伯位を継いだ。また、1156年に神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の2番目の妃となった。ドイツ名はベアトリクス・フォン・ブルグント(Beatrix von Burgund)。この結婚により、ブルゴーニュ伯領はその後ホーエンシュタウフェン家領となった。

ベアトリスはフリードリヒ1世との間に多くの子をもうけた。

  • ゾフィー(1161年 - 1187年)
  • ベアトリクス(1162年 - 1174年)
  • フリードリヒ(1164年 - 1170年) シュヴァーベン公
  • ハインリヒ(1165年 - 1197年) 神聖ローマ皇帝
  • コンラート(1167年 - 1191年)
  • オットー(オトン、1170年 - 1200年) ブルゴーニュ伯
  • コンラート(1172年 - 1196年) シュヴァーベン公
  • レナート(1173年 - ?)
  • ヴィルヘルム(1176年 - ?)
  • フィリップ(1178年 - 1208年) ドイツ王
  • アグネス(1181年 - 1184年)
先代:
ルノー3世
ブルゴーニュ女伯
1148年 - 1184年
1156年から
フリードリヒ1世と共同統治
次代:
フリードリヒ1世
(神聖ローマ皇帝)