ベアトリス・ティンズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベアトリス・ティンズリーBeatrice Muriel Hill Tinsley, 1941年1月27日 - 1981年3月23日) は、アメリカ合衆国で活躍した女性天文学者宇宙物理学者。

40歳で夭折し、父親によってその生涯は『ある女性天文学者の生涯―私の娘ベアトリス・ティンズリーの手紙』(原題"My Daughter Beatrice : A Personal Memoir of Dr.Beatrice Tinsley, Astronomer")にまとめられた。

生涯[編集]

イギリスチェスターに生まれた。家族とともにニュージーランドに移住し、カンタベリー大学物理学を学んだ。物理学者のブライアン・ティンスリーと結婚しアメリカに移り、1966年テキサス大学で天文学の学位を得た。天体の形成と進化、銀河系外の天体を研究し、1976年に優れた女性天文学者に送られるアニー・J・キャノン賞を受賞したが、夫のブライアンとは1975年に離婚している。1978年にテキサス大学の教授になったが、1981年皮膚がんで死亡した。

1986年アメリカ天文学会はティンズリーを記念して、天文学、宇宙物理学に功績に対してベアトリス・ティンズリー賞を設けた。

評伝[編集]

  • 『ある女性天文学者の生涯―私の娘ベアトリス・ティンズリーの手紙』エドワード・ヒル著、古川訳--七つ森書館 (2004)