ベアトリクス・フォン・ホーエンシュタウフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベアトリクス・フォン・ホーエンシュタウフェン(Beatrix von Hohenstaufen)またはベアトリクス・フォン・シュヴァーベン(Beatrix von Schwaben, 1198年 - 1212年8月11日)は、神聖ローマ皇帝オットー4世の皇后。

父はシュヴァーベン公・神聖ローマ皇帝フィリップ、母は東ローマ皇女イレーネー・アンゲリナ。妹エリーザベトカスティーリャフェルナンド3世の妃。

1208年の父の暗殺後、父の競争相手だったオットーが神聖ローマ皇帝に選ばれ、その地位をより強固にするため、1209年に先帝の娘であるベアトリクスと婚約した。

1212年7月22日結婚。オットー37歳、ベアトリクスは14歳だった。結婚後間もなく病となり、結婚から19日たった同年8月11日に亡くなった。子供はなかった。