ヘーゼル・ブリアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ヘーゼル・ブリアーズ
Hazel Blears
Hazel Blears, June 2009 2 cropped.jpg
生年月日 1956年5月14日(58歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス、サルフォード
出身校 ノッティンガム・トレント大学
所属政党 労働党
公式サイト Hazel Blears MP
選挙区 サルフォード選挙区
任期 1997年5月1日 -

コミュニティーおよび地方自治大臣
内閣 ブラウン内閣
ブラウン第1次改造内閣
ブラウン第2次改造内閣
任期 2007年6月28日 - 2009年6月5日

内閣 第3次ブレア改造内閣
任期 2006年5月5日 - 2007年6月27日
テンプレートを表示

ヘーゼル・アン・ブリアーズ: Hazel Anne Blears1956年5月14日 - )は、イギリスの政治家。労働党所属の庶民院議員。ゴードン・ブラウン政権でコミュニティーおよび地方自治大臣を務めた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1956年マンチェスター近郊のサルフォードで生まれる。トレント専門学校(現在のノッティンガム・トレント大学)で法学を専攻。後にチェスター法律学校を卒業する。

1987年の総選挙ではタットン選挙区から、1992年の総選挙ではベリー南選挙区から出馬するが落選。1997年の総選挙でサルフォード選挙区から出馬し、初当選を果たした。この選挙では、女性議員が大量に当選したことから、彼女達は“ブレア・ベイビー英語版”と呼ばれた。

政界入り[編集]

初当選後、1998年までは保健大臣アラン・ミルバーン英語版の下で、1999年の10ヶ月間は財務省主席担当官アンドルー・スミス英語版の下で、議会担当秘書官として働いた。2001年の総選挙の際は、労働党のキャンペーンチームのメンバーとなり、後に副代表を務めた。

総選挙後は保健省政務次官としてブレア政権のメンバーとなる。2003年には労働党全国執行委員会英語版のメンバーに。2005年総選挙後の6月7日には、枢密顧問官にも選ばれた。2006年の内閣改造に際しては、イアン・マカートニー英語版の後任として労働党の幹事長に就任した。

2007年トニー・ブレア党首とジョン・プレスコット副党首が辞任を表明すると、副党首選挙に立候補したが、最下位で敗れ、副党首にはハリエット・ハーマンが就任した。

ブレアの辞任後、ゴードン・ブラウンが新党首・首相に就任した。当初、ブリアーズは忠実なブレア派であったため入閣はないと見られていたが、コミュニティーおよび地方自治大臣に任命され閣僚入りした。

2009年6月、住宅の売却益にかかる税金を免れていた疑惑がスクープされ、この責任を取る形でマイケル・マーティン英語版下院議長ら与野党議員20人と共に引責辞任を表明した。

パーソナリティ[編集]

1989年10月21日事務弁護士のマイケル・ハルサルと結婚しているが、2人の間に子供はいない。夫とともにバイクが趣味である。

エネルギッシュで活動的な性格から、マスコミからは「人間電池」「ミス・リトル・ハッピー」といったあだ名をつけられている。身長は147cmと小柄。

外部リンク[編集]

音声
  • WPRadio Online interview on Women's Parliamentary Radio just before taking over role as Secretary of State for Communities and Local Government
公職
先代:
ルース・ケリー英語版
コミュニティーおよび地方自治大臣
2007 - 2009
次代:
ジョン・デナム英語版
党職
先代:
イアン・マカートニー
労働党幹事長
2006 - 2007
次代:
ハリエット・ハーマン