ヘンリー・フィッツロイ (初代リッチモンド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・フィッツロイ
Henry Fitzroy
リッチモンド公、サマーセット公、ノッティンガム伯
Horenbout HenryFitzRoy.jpg
続柄 ヘンリー8世私生児
称号 リッチモンド公爵、サマーセット公爵、ノッティンガム伯爵
出生 1519年6月15日
死去 1536年7月23日
配偶者 メアリー・ハワード
父親 ヘンリー8世
母親 エリザベス・ブラント
テンプレートを表示

ヘンリー・フィッツロイ(Henry Fitzroy, 1519年6月15日 - 1536年7月23日)は、イングランドヘンリー8世エリザベス・ブラントに産ませ、認知した唯一の私生児である。

ヘンリー8世の子の中で、成長した唯一の男子であったが、10代で子孫を残さずに父王より早く亡くなった。

生涯[編集]

エリザベス・ブラントは、ヘンリー8世の王妃キャサリン・オブ・アラゴンの侍女であった。王妃の妊娠期間中に王の手が付き、エリザベスは妊娠してヘンリーを産んだ[1]

王の私生児であることを示すフィッツロイ姓を与えられ[2]、王の私生児である可能性のある他の子供たちとは異なり、ただ1人だけ王によって認知された[3]1525年には初代リッチモンド公、サマーセット公およびノッティンガム伯爵に叙された。この時、テューダー朝が始まって40年が過ぎていたが、34歳となっていた王には王女が1人(のちのメアリー1世)いただけであり、また王には兄弟もいなかったため、王統を保つ上でヘンリーは重要な存在であった。

1533年ノーフォーク公の娘メアリー・ハワードと結婚するも、1536年に肺病で死去し、子孫は残さなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hutchinson, Robert, House of treason: rise and fall of a Tudor dynasty (London, 2009), pg. 58.
  2. ^ アングロ=ノルマン語で「フィッツロイ」は「王の息子」を意味する。
  3. ^ Weir, Alison, Henry VIII: king and court (London, 2002) pg. 220.