ヘンリー・デーキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンリー・D・デーキン(Henry Drysdale Dakin、1880年3月12日 - 1952年2月10日)は、イギリスの化学者。ロンドン生まれ。

アレクシス・カレルとともに、カレル-デーキン法と呼ばれる消毒法を開発した。それは、傷口をデーキン溶液により断続的に洗浄する方法である。デーキン溶液とは、次亜塩素酸ナトリウム (NaClO) を 0.4-0.5% とホウ酸 (B(OH)3) を 4% 含む希釈溶液のこと。不安定で、数日で劣化してしまうため、必要に応じて調製される。

1982年から、より安定なデーキン溶液が、Century Pharmaceuticals 社より市販されている。

有機化学において、デーキン反応(1909年)、およびデーキン・ウェスト反応(1928年)を最初に報告したことでその名を残した。