ヘンドリク・ファン・デ・フルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンドリク・ファン・デ・フルスト

ヘンドリク・クリストフェル・ファン・デ・フルスト(Hendrik Christoffel van de Hulst, 1918年11月19日2000年7月31日)はオランダの天文学者である。電波天文学の分野で有用な観測手段となった21cm線の存在を予測した。

ユトレヒトで生まれ、ユトレヒト大学マルセル・ミンナルトのもとで学んだ。1944年学生の時に宇宙空間にある水素ガス雲から波長21cm線のスペクトル線が放射されることを予測した。21cm線は1951年にアメリカのチーム、オランダのチームなどによって検出された。ヤーキス天文台で研究した後、1948年から1984年までライデン大学で働き、1952年から教授となった。太陽コロナや地球大気などの研究を行った。

賞・叙勲等[編集]

命名

外部リンク[編集]