ヘレン・ダンカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィクトリア・ヘレン・ダンカン(Victoria Helen Duncan,1897年11月25日 - 1956年12月6日)は、スコットランドの主婦。有名な霊媒で、スピリチュアリズム最初の「殉教(?)者」としても知られる。

貧しい家具職人の家に生まれ、幼い頃から霊能力があったとされる。20歳で結婚。夫ヘンリーは父と同じく家具職人だったが、第一次世界大戦で負傷してしまい後遺症が残った。家計は苦しく、ヘレンは12人の子供を産んだが、無事に成人したのは6人だけである。昼間は工場で働き、夜に家事と霊媒をこなした。霊媒で得たわずかな収入はヘレン同様貧しい友人や隣人からの形ばかりの寄付がほとんどで、それもよく近くの病院の貧しい患者に贈られた。

彼女の霊媒能力はほとんど全領域に渡るが、特に物質化現象で有名だった。は全身を完全に出現させ、歩いたり会話したり触れたりすることができたという。1930~40年頃までには、ヘレンは英国の何百ものスピリチュアリスト・チャーチ交霊会に出かけ、家族を失った人々に希望を与えるようになっていた。

最初の逮捕[編集]

1933年1月5日、エディンバラで囮捜査を受けて逮捕される。指導霊のアルバートは警告していたが、阻止できなかったという。

戦艦バーラム号の沈没[編集]

1939年に第二次世界大戦が始まってから、ヘレンは軍港がある英国南部のポーツマスに住んでいた。1941年、ヘレンはある軍艦の沈没を交霊会のゲストに告げたが、それは政府によって公式発表される前だった。

その後1943年、交霊会に水夫の霊が現れ、戦艦バーラム号が沈んだところだと告げた。戦時下であり、今度も政府の公式発表はその3ヶ月後だった。

逮捕[編集]

1944年1月19日、ポーツマスで開かれていた交霊会に、突然警笛とともに警官と海軍中尉が踏み込んだ。警官はヘレンのエクトプラズムを掴もうとしたが、瞬時に消えてしまった。彼らは交霊会をイカサマだと決め付け、エクトプラズムを「演出」した白い布を求めて部屋を探索したが、なにも出てこなかった。 ヘレンと3人の出席者は逮捕され、下位裁判所で放浪罪に問われた。

罪を認めて5シリング払えばすぐに釈放されるところだったが、ヘレンはこれを拒否したためロンドンのホロウェー刑務所に送られ、裁判を受けることになった。今度は放浪罪ではなく窃盗罪(交霊会参加者を「騙して」参加費を得た)と、1735年施行の、既に全く適用されていなかった「魔法行為禁止法」違反で告訴された。

これは後になって、1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦の漏洩を恐れた軍部が、ヘレンを冤罪に陥れたのではないかと言われた。

裁判[編集]

写真に残されたヘレン・ダンカンの「エクトプラズム」。

優秀な霊媒が窮地に陥ったことを知ったスピリチュアリストたちは急いで資金をつのり、証人と証言を集め、新聞でキャンペーンを張った。裁判では41人の証人がヘレンの霊媒能力について証言した。

  • キャスリーン・マクニールというグラスゴーの鍛冶屋の妻は、数時間前に妹が死亡したのを知らずに交霊会に出席し、ヘレンの指導霊アルバートがそれを知らせた。またその後の交霊会では祖父がキャビネットから大股で歩み出し、生前のトレードマークであった片目がよく見えるように6フィートくらいまで近づいたという。
  • シェイクスピアのソネット研究者で知られるアルフレッド・ドッドは1932年から1940年までヘレン・ダンカンの交霊会の常連ゲストだったと述べた。ある時は彼の祖父が物質化したが、生前同様背が高く、太って、浅黒い顔をし、スモーキングキャップを被り、独特の前髪をしていた。ドッドと喋ったあと、同席していたドッドの友人トムに向き直り、「私の顔をごらん、眼もよく見て。アルフレッドに私の肖像を見せるよう頼みなさい。同じ男だよ」と言ったという。
  • ハンネン・スワッファーは「エクトプラズムを布と間違えるのは子供くらい」で、また布なら交霊会の赤色灯の下では黄色かピンク色に見えるはずだが、物質化した霊は白く見えると述べた。
  • 20年以上も心霊現象の調査をしてきた「スコッツマン」紙の主任記者ジェームス・ヘリスは、ヘレンの交霊会で物質化したコナン・ドイルに会ったと証言した。特徴のある丸顔、口ひげ、間違えようのないガラガラ声だったという。

さらにヘレン側弁護人は、交霊会をすれば詐欺ではないことが実証できると主張したが、却下された。 最終的に1735年の「魔法行為禁止法」違反で有罪、窃盗罪については無罪という判決が言い渡され、保釈金も認められなかった。なお弁護側は上院最高裁判所に訴えたが、これも棄却された。 判事によると、ヘレンはスコットランド訛りで「これまでの人生でこんなにたくさんの嘘を聞いたことがない」と涙したという。

投獄[編集]

ヘレンはロンドンのホロウェー刑務所に戻され、9ヶ月間投獄された。しかし看守たちはヘレンに体罰を加えることを拒否し、独房の鍵も一度もかけなかったといわれる。ヘレンは刑務所内でも変わらずに霊媒行為を行い、看守も囚人もヘレンの独房を訪ねたといわれる。また面会者も多く、首相ウィンストン・チャーチルも訪れた。

チャーチルは古代宗教のドルイド信者であり、また第六感によって命拾いした経験がいくつもあったため、スピリチュアリズムには理解があったとされる。ボーア戦争の時には捕虜となったが脱走し、自動書記によって半径30マイル以内でたった一軒だけ存在した親英派の家を見つけ、そこで命を救われたという。

チャーチルはこの事件が起きた時から激しく怒っていたが(内務大臣に宛てた「魔法行為禁止法とやらを出せ。こういう時代遅れのたわけた裁判が…」という文書が残っている)、ノルマンディー上陸作戦が迫っており、首相の怒りも脇に押しやられてしまった。面会では「魔法行為禁止法」廃止など様々な約束をしてヘレンを慰めたといわれる。

1944年9月22日、交霊会に出席しないと宣誓した後にヘレンは釈放された。しかし間もなく霊界からの強い要望で、第二次世界大戦で家族を失い悲しみの中にある人々のために霊媒としての活動を再開した。

1951年にはチャーチルが首相に再選され、「魔法行為禁止法」は廃止。「霊媒虚偽行為取締法」が制定された。 また1954年にスピリチュアリズムは宗教として国会で公認された。スピリチュアリストたちは詐欺師が駆逐されることを歓迎し、また警官がまじめな霊媒の邪魔をすることがなくなるのを喜んだという。

霊媒中の事故死[編集]

1956年11月、ノッティンガムで開かれた交霊会を警官たちが急襲し、霊媒中のヘレンを掴んでフラッシュ撮影をした。警官は付け髭や仮面や屍衣を出せと叫んだが、やはり何も見つけられなかった。 これは「霊媒虚偽行為取締法」違反を疑った警官たちが捜査令状もなしに行ったものであった。

ヘレンは意識不明の重体だった。医師が呼ばれ、胃のあたりに2箇所、2度の火傷を負っていることが判明した。彼女はスコットランドの実家に運ばれ、すぐに病院に搬送されたが5週間後に他界した。

26年後[編集]

1982年、霊媒リータ・グールドの交霊会にヘレンが現れ、直接談話によって娘のジーナと会話を交わしたといわれている。ヘレンは何度も戻ってきては交霊会に臨んだという。

参考文献[編集]

  • 訳者あとがき「悲劇の霊媒ヘレン・ダンカン」 『シルバーバーチの霊訓(7)』 近藤千雄訳、潮文社 

外部リンク[編集]