ヘレロ・ナマクア虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鎖に繋がれたヘレロ人。
生き残ったヘレロ人。

ヘレロ・ナマクア虐殺(ヘレロ・ナマクアぎゃくさつ、英語: Herero and Namaqua Genocide)は、旧ドイツ領南西アフリカ(現・ナミビア)においてドイツ帝国先住民族に対して行った虐殺アフリカ分割の動きの中の1904年から1907年にかけて行われ、20世紀最初のジェノサイドと考えられている。

概要[編集]

1904年1月12日、ドイツによる南部アフリカの侵攻により土地を追われた先住民族ヘレロ族サミュエル・マハレロ英語版の指揮の下、ドイツ人への無差別攻撃を開始した(ホッテントット蜂起)。これに対してドイツは8月、ロタール・フォン・トロータ将軍の指揮でこれを破り(en:Battle of Waterberg)、カラハリ砂漠: Omaheke Desert)に追い込み、英領ベチュアナランドを目指して脱出した途上で多くが渇きのために死んだ。ベチュアナランドに辿り着いたのは1000人以下だった。

10月にはナマクア族英語版[1]も蜂起したが同様の結果に終わった。ドイツは先住民を強制収容所へ収容したり強制労働に従事させた。結果、約60,000人のヘレロ族(全人口の80%)、10,000人のナマクア族(全人口の50%)が死亡した。

この虐殺の特徴は、1つは餓死であり、もう1つはナミブ砂漠に追いやられたヘレロ族とナマクア族の使用する井戸における中毒死である。

脚注[編集]

  1. ^ 単数形がナマ、複数形がナマクアである。民族の呼称は、最近はナマ族で統一されているが、古い文献ではナマクアが多い。

関連項目[編集]