ヘルマ・サンダース=ブラームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマ・サンダース=ブラームス
Helma Sanders-Brahms
Helma Sanders-Brahms
生年月日 1940年9月20日
没年月日 2014年5月27日(満73歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ ニーダーザクセン州
死没地 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
職業 映画監督脚本家プロデューサー女優

ヘルマ・サンダース=ブラームス(Helma Sanders-Brahms、1940年9月20日 - 2014年5月27日[1]) は、ドイツ映画監督脚本家プロデューサー女優である。

来歴[編集]

ヘルマ・サンダース=ブラームスは演技を学んだ後にドイツ語英語を学んだ。最初はテレビの仕事をしていたが、セルジオ・コルブッチピエル・パオロ・パゾリーニのもとで映画監督としての訓練を受け、主にドイツのテレビ局から委託を受けて多数の映画を作成した。ニュー・ジャーマン・シネマの時期に監督として名をなした。おそらく英国では『シリンの結婚』でもっともよく知られており、また共作である『キング・オブ・フィルム/巨匠たちの60秒』にも参加している。1980年の映画『ドイツ・青ざめた母』は第30回ベルリン国際映画祭に出品された[2]。1982年に第32回ベルリン国際映画祭の審査員となった[3]

2014年5月27日、病気のためベルリンで死去。73歳没。長期の療養生活を送っていた。

主な作品[編集]

  • ドイツ・青ざめた母 Deutschland bleiche Mutter (1980) 監督・脚本・製作
  • エミリーの未来 Flügel und Fesseln (1985) 監督・脚本・出演
  • ラピュタ Laputa (1987) 監督・脚本
  • 林檎の木 Apfelbäume (1992) 監督・脚本
  • リュミエールと仲間たち Lumière et compagnie (1995) 監督
  • クララ・シューマン 愛の協奏曲 Geliebte Clara (2008) 監督・脚本

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:H・サンダース・ブラームスさん73歳=独映画監督 毎日新聞 2014年5月29日
  2. ^ IMDB.com: Awards for Germany, Pale Mother”. imdb.com. 2010年8月16日閲覧。
  3. ^ Berlinale 1982: Juries”. berlinale.de. 2010年9月2日閲覧。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]