ヘルマン・ムテジウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・ムテジウス

ヘルマン・ムテジウスAdam Gottlieb Hermann Muthesius, 1861年4月20日 - 1927年10月29日)はドイツの建築家。ドイツ工作連盟の中心人物。

エアフルト近郊グロースノイハウゼンGroßneuhausenの生まれ。建築家の父から影響を受け、大学で建築を学んだ。

明治時代の日本へ赴き、エンデ&ベックマンによる官庁集中計画(法務省赤煉瓦棟はその成果の一つ)に建築技師として従事した。その後、プロイセン政府の官吏としてロンドンの大使館に勤務し(1896-1903年)、アーツ・アンド・クラフツ運動から大きな影響を受けた。1904年に『イギリスの住宅』(Das englischer Haus)を刊行、アーツ・アンド・クラフツの紹介者としても知られるようになった。

1907年、ドイツの産業育成を目指したドイツ工作連盟の設立に加わり、産業と芸術の統一を構想し、展覧会開催や出版などの事業を行った。ムテジウスは規格化を重視したため、1914年のケルン展後、作家個人の芸術性を主張するヴァン・デ・ヴェルデとの間に「規格化論争」が起こった。

設計作品としては郊外住宅を多く造っている。

関連項目[編集]