ヘルマン・フォン・アイヒホルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイヒホルンの肖像(1916年、ラインホルト・レプシウス画・シュテーデル美術館蔵)

エミール・ゴットフリート・ヘルマン・フォン・アイヒホルンドイツ語:Emil Gottfried Hermann von Eichhorn1848年2月13日 - 1918年7月30日)は、ドイツ帝国軍人。陸軍元帥

人物[編集]

ブレスラウ貴族の家に生まれる。父カール・フリードリッヒ・ヘルマンはのちにミンデン行政区で首相を務め、祖父アルプレヒト・フリードリッヒはプロイセン王国文化大臣を務めた。また母方の祖父は哲学者フリードリヒ・シェリングである。普仏戦争に従軍。1901年、第9歩兵師団長。1904年、第18軍団長。1912年、第7軍総監。

第一次世界大戦中の1915年1月、第10軍司令官に就任。1917年12月、元帥に列せられる。1918年4月、キエフに拠点を置く「キエフ軍集団」の司令官に任命され、ウクライナにおけるドイツ軍政責任者となった。同年7月30日、キエフにおいて左派社会革命党のボルィース・ドンシコーイによって暗殺された。

関連項目[編集]