ヘルマン・パウル・ミューラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・パウル・ミューラー
ZweiRadMuseumNSU NSU-SportMax 1955.JPG
1955年にタイトルを獲った時のマシン(NSU
グランプリでの経歴
国籍 ドイツの旗 ドイツ
活動期間 1952 - 1955
チーム NSU
レース数 14
チャンピオン 250cc - 1955
優勝回数 1
表彰台回数 6
通算獲得ポイント 51
初グランプリ 1952 125cc スペイン
初勝利 1955 250cc ドイツ
最終勝利 1955 250cc ドイツ
最終グランプリ 1955 250cc イタリア
テンプレートを表示

ヘルマン・パウル・ミューラーHermann Paul Müller 、1909年11月21日 - 1975年12月30日)はドイツ出身の元レーサーである。2輪4輪の双方で活躍した。

略歴[編集]

ビーレフェルトで生まれたミューラーは1929年からオートバイレースを始め、1937年からはアウトウニオンのレーシングドライバーとしても活躍した。

1939年にランス・グーで4輪のヨーロッパ選手権の一戦として開催されたフランスGPで優勝を飾った。この年のミューラーはチャンピオンシップにおいてもポイントでリードしていたが、選手権終了後2週間足らずで第二次世界大戦が勃発したためにAIACR(国際自動車公認クラブ協会、後のFIA)からこの年のチャンピオンについての公式発表が行われず、後にドイツモータースポーツ機構の理事長はヘルマン・ラング ( en:Hermann Lang ) をチャンピオンとすると宣言した[1]

2輪レースでは、1955年NSUのマシンでロードレース世界選手権の250ccクラスチャンピオンとなっている[2]

1975年、インゴルシュタットにて死去。

戦績[編集]

ロードレース世界選手権[編集]

1950年から1968年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ポイント 順位 勝利数
1952 125cc モンディアル IOM
-
NED
-
GER
-
ULS
-
ITA
-
SPA
5
2 15位 0
1953 500cc MVアグスタ IOM
-
NED
-
BEL
-
GER
-
FRA
-
ULS
-
SUI
-
ITA
6
SPA
-
1 17位 0
1954 125cc NSU IOM
-
ULS
2
NED
2
GER
4
ITA
-
SPA
-
15 3位 0
250cc NSU FRA
2
IOM
4
ULS
5
NED
5
GER
-
SUI
3
ITA
-
17 3位 0
1955 250cc NSU IOM
-
GER
1
NED
3
SUI
-
ULS
6
ITA
4
16 1位 1

脚注[編集]

外部リンク[編集]