ヘルマン・シュトルーベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Karl Hermann Struve

カール・ヘルマン・シュトルーベ(Karl Hermann Struve、1854年10月3日1920年8月12日)はロシア、ドイツの天文学者。サンクトペテルブルクに生まれた。フリードリッヒ・フォン・シュトルーベの孫でオットー・ヴィルヘルム・シュトルーベの息子で、ルードヴィッヒ・シュトルーベの弟である。ロシア名はГерман Оттович СтрувеまたはГерман Оттонович Струвеであるが、後半はドイツで働いた。

1882年にタルトゥ大学博士号を得てプルコヴォ天文台に入るが、研究のためにパリストラスブールベルリングラーツに送られた。土星の衛星と環の研究をおこなった。1890年に父親の後をついで主任観測者となったが、1895年にドイツに戻り、ケーニヒスベルク天文台(ケーニヒスベルク大学英語版)の所長となった。1904年から没するまでベルリン・バベルスベルク天文台の所長を務めた。1903年にイギリス王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。