ヘルマン・グレーデナー (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hermann Graedener.jpg

ヘルマン・グレーデナーHermann Graedener, *1844年5月8日 キール1929年9月18日 ウィーン)はドイツ盛期ロマン派作曲家

作曲家である父カールより音楽教育を受ける。1862年よりウィーンのオルガニストとなり、1864年より宮廷楽団のヴァイオリニストに就任した。1877年から1913年までウィーン音楽院音楽理論を指導する一方で、1892年から1896年にかけてウィーン・ジングアカデミーの指揮者を務めた。

交響曲2点、喜劇のための序曲(Lustspielouvertüre)1点、ピアノ協奏曲2点、ヴァイオリン協奏曲2点、チェロ協奏曲1点、いくつかの室内楽曲やピアノ曲芸術歌曲を遺した。作風はヨハネス・ブラームスの影響が見出される。

同名の息子ヘルマンは文学者となった。

外部リンク[編集]