ヘルマンケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマンケーキ
Herman cake
2007-06-30Hermann05.jpg
発祥
発祥地 ドイツの旗 ドイツ
料理詳細
フルコース ケーキ
主な材料 イースト, 砂糖, 穀粉, 牛乳

ヘルマンケーキ (ドイツ語:Hermann-Teig英語:Herman cake略称:ヘルマン)は、アーミッシュフレンドシップケーキに似た、材料を人から人へとチェーンメールのように経由し、材料の中に含まれる酵母及び乳酸菌を育成し続けて作る「友情のケーキ」である[1]。理論的には、ある発酵種のは無制限に増殖する。その他の材料は、牛乳, 砂糖, 穀粉それにぬるま湯を混ぜた物である[2][3]。ヘルマンケーキは1970年代になって有名になった[3]

ヘルマンは調理台に常温で10日程置かれ、決して冷蔵しない[3]。ヘルマンに含まれる多量の酵母のおかげで、はっきりとビールの香りがする。ヘルマンケーキは布巾で薄く覆われて、調理台に置かれ、時々かき混ぜられると、呼吸(表面からが出る)ができる。この呼吸はヘルマンケーキの酵母が原因であり、ケーキのミックスは頻繁に泡を吹くのである[4]

ヘルマンのケーキミックス

友達からヘルマンを受け取った人は、小さなかプラスチック製のボウルを、次の10日間ヘルマンケーキミックスを作るためのレシピのセットと共にプレゼントされる。4日経つと、別の材料が加えられてかき混ぜられ、また4日後(8日目)に同じ事を繰り返す[2]。9日目になると、ヘルマンは4つか5つに均等に分けられ、そのうちの1つの切れ端を友人たちに提供するのである。最後の部分は保管しておき、10日目に料理する。ヘルマンケーキの料理の完成まで、ヘルマンには多くの材料が加えられる。これらの材料として、甘味を出すために, シナモン, りんご[2], チョコレート, サクランボを加えたり、うま味を出すためにオリーブやドライトマトを加えたりする。

ドイツの雑誌Stern英語版』では、ヘルマンケーキ(Hermann teig)の人気が2000年代初頭に、Dr. Oetker英語版によって、『Backen mit Hermann und Siegfried』という本が出版された事により復活し、発酵したである紅茶キノコブームと非常に似ているとコメントされた記事が掲載された.[1]

脚注[編集]