ヘルベルト・フェヒナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
会議に出席したフェヒナー(左端)(1970年)

ヘルベルト・クルト・フェヒナー(Herbert Kurt Fechner、1913年8月27日1998年12月28日)は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の政治家1967年から1974年まで東ベルリン市長を務めた。

来歴・人物[編集]

ベルリンに生まれる。電信技師の修業を積んだ。1945年にドイツ社会民主党(SPD)に入党。翌年東ドイツ(当時は赤軍占領区域)のSPDはドイツ社会主義統一党(SED)に強制的に編入されたため、SEDに入党した。1948年にSEDベルリン=リヒテンベルク地区書記に就任。1950年から1951年まで、ベルリン=トレプトウ地区党第一書記を務める。1951年、国民教育・保健・社会省に参事官として入党。1967年から1974年まで、東ベルリン市長を務めた。

東西ドイツ再統一後にベルリンで死去した。

先代:
フリードリヒ・エーベルト
東ベルリン市長
1967年 - 1974年
次代:
エアハルト・クラック