ヘルベルト・バウマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルベルト・バウマン(Herbert Baumann、1925年7月31日 - )は、ドイツ作曲家指揮者

ベルリン出身。18歳でドイツ国防軍に召集され、バイエルンで終戦を迎えた。ベルリンに戻った後、父親の希望で建築を学ぶが、すぐに音楽に転向した。1947年からドイツ劇場の指揮者となり、そのかたわら作曲をパウル・ヘーファーボリス・ブラッハーに師事した。今日までに500以上の劇場音楽を作曲し、さらに30本以上の映画音楽を作曲している。

主な作品[編集]

管弦楽[編集]

  • バレエ音楽「不思議の国のアリス」
  • バレエ音楽「ルンペルシュティルツヒェン
  • ギターと弦楽のための協奏曲
  • マンドリンと弦楽のための協奏曲
  • ギター・マンドリンと弦楽のための協奏曲

室内楽[編集]

  • ディヴェルティメント(オーボエ・クラリネットとファゴットのための)
  • 木管五重奏曲
  • モーツァルトとのロンド(オーボエ・クラリネット・ホルンとファゴットのための)
  • 秋の音楽(ヴァイオリン・ヴィオラとチェロのための)
  • 弦楽四重奏曲ハ長調
  • シューベルトの主題による変奏曲(12のチェロのための)

マンドリンオーケストラ[編集]

  • ソナチネ
  • ゼクエンツェン
  • コンチェルト・カプリツィオーソ
  • ターフェルムジーク
  • 鳥、果実と風

外部リンク[編集]