ヘルベルト・バイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルベルト・バイヤーHerbert Bayer, 1900年4月5日-1985年9月30日)は、バウハウス出身の画家デザイナー写真家。戦間期から戦後にかけて活躍した。英語読みでは、「ハーバート・ベイヤー」。

1900年にオーストリアで生まれ、1921年にバウハウスに入り、1925年にバウハウスの教官となる。モホイ=ナジの影響を受けて、写真を始める。1938年には、アメリカに移住する。

グラフィックデザイナーとして活躍するとともに、写真に関しては、特に、フォトモンタージュを得意とする。構成的でありながら、同時にシュルレアリスム的な感覚も併せ持った作品を作りだす。モホイ=ナジとともに、バウハウスを代表する写真家といえる。

代表作[編集]

  • セルフ・ポートレイト(図版
  • 孤独なメトロポリタン(図版
  • メタモルフォシス
  • 手紙の言葉(図版

参考文献[編集]

日本語では、あまり文献はないが、次のようなものがある。

また、翻訳ものではあるが、次の文献にも作品が掲載されている。

  • フォトモンタージュ 操作と創造/ドーン・エイズ(Dawn Ades)著/岩本憲児・翻訳/フィルムアート社/2000年(原著はThames&Hudson社World of ArtシリーズのPhotomontage/1986年)

英語では、次の文献がある。

外部サイト[編集]

関連項目[編集]