ヘルベルト・ケーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルベルト・ケーゲルHerbert Kegel, 1920年7月29日 - 1990年11月20日)は、ドイツオーケストラ・合唱指揮者

生涯[編集]

ドレスデンに生まれ、幼いうちから聖十字架合唱団の団員となる。はじめはピアニストを志すが、第2次世界大戦中に東部戦線で手榴弾の破片を受けて負傷し、指揮に転向した。指揮をアルフレッド・シュティアー、カール・ベーム、作曲をボリス・ブラッハーパウル・デッサウに師事。

ドレスデン郊外のピルナで指揮者としての活動を開始するが、まもなくロストックに移る。1949年にヘルマン・アーベントロートのアシスタントとしてライプツィヒに招かれ、ライプツィヒ放送交響楽団ライプツィヒ放送合唱団の指揮者となる。ライプツィヒ放送合唱団は今でも優秀な合唱団として評価が高いが、ケーゲルはその礎を築いた一人である。1956年アーベントロートの死去に伴い1978年までライプツィヒ放送交響楽団の首席指揮者となり、その後ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者となる。

1979年に初来日し、その後もたびたび日本を訪れている。NHK交響楽団を指揮した演奏記録の一部はCDとして発売されている。

ケーゲルは、ドイツ再統一の直後、1990年に拳銃自殺した。もともと彼は以前から何度か希死念慮を抱いていたといわれているが、統一後に自らの仕事の場所が無くなっていったことへの苛立ち、それによる周囲との不和で鬱状態に陥ったことが原因と考えられている。このさい、ライバルと見られていたクルト・マズアから嫌がらせをされていたという指摘もある。また、息子の病気を心配していたこと、社会主義思想を持っていたとされる彼が、事実上東ドイツ西ドイツに吸収される形での統一したドイツの将来を絶望したためではないか、と言われることもある。

旧東独時代の放送用録音を含め、古典派から現代音楽に至る膨大な録音を残し、現代音楽に理解の少ない共産圏においてそれらの普及にも力を尽くしたが、彼の活動は必ずしも正当な評価を受けるに至っていない。

伝記[編集]

  • Helga Kuschmitz, Herbert Kegel - Legende ohne Tabu. Ein Dirigentenleben im 20. Jahrhundert, Verlag Klaus-Jürgen Kamprad, 2003. ISBN 3-930550-27-X
先代:
ハインツ・レーグナー
ライプツィヒ放送交響楽団
音楽総監督

1962–1977
次代:
ヴォルフ=ディーター・ハウシルト
先代:
ギュンター・ヘルビッヒ
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者

1977–1986
次代:
イェルク=ペーター・ヴァイグレ