ヘルハウス (アトラクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルハウス(Hell house)は、主にアメリカ合衆国で催される、キリスト教根本主義に則ったアトラクションである。

同性愛人工妊娠中絶自殺オカルトなどを罪とし、そうした罪をおかした人びとが地獄に落ちる様子を、お化け屋敷に似たスタイルで表現する。1970年にジェリー・ファルウェルが同様な「ヘルハウス」を作ったが[1]、近年に広まったアトラクションの設営方法と内容は、1995年に牧師のキーナン・ロバーツが考案したもの。この手法はセットとして売られ、アメリカ合衆国だけでなく南アメリカ大陸の諸国にも広がった。

教会に行ったことのない10代から20代の若者をターゲットにしている。

ニューヨークでアトラクションの内容を茶化したパロディ劇『ハリウッド・ヘルハウス』が制作され、人気を集めている[2] [3]

脚注[編集]

  1. ^ Hell houses, judgment houses etc.”. ReligiousTolerance.org. 2007年11月17日閲覧。
  2. ^ asahi.com「お化け屋敷」で神の教え 若者呼ぼうと米で広がり
  3. ^ 隔数日刊─Daily Bullshit すっかりクレーマー〜朝日記事、続報(ジャーナリスト北丸雄二のブログ)

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ヘルハウス (アトラクション)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。