ヘルター・スケルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルター・スケルター
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年9月9日
ジャンル ロック
時間 4分29秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ザ・ビートルズ・アンソロジー3
ラヴ

チャート順位
  • 1位 (アメリカ)
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
b/w
フォー・ユー・ブルー
(1970年)
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
b/w
ヘルター・スケルター
(1976年)
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
b/w
ジュリア
(1976年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
イエスタデイ
b/w
恋する二人
(1976年)
ヘルター・スケルター
b/w
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
(1976年)
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
b/w
ア・デイ・イン・ザ・ライフ
(1978年)
ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

ヘルター・スケルター』(Helter Skelter)は、イギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1968年に発表された2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』に収録された。ポール・マッカートニーが騒がしい作品を意図して作った、ビートルズの楽曲の中でも極めて激しい楽曲である。"Helter Skelter"の意味は、イギリスだと遊具のすべり台のことだが、語句自体は「狼狽(する)」、「混乱(した)」といった意味も持つ(日本盤の対訳には、「しっちゃかめっちゃかだ」と書かれている)。ポールがこの曲を作るきっかけとなったのは、ザ・フーピート・タウンゼンドが「ザ・フーの新曲『恋のマジック・アイ』は、これまでのどの楽曲よりも激しく妥協のない曲だ」と発言したインタビュー記事に触発されたため[1]

担当楽器は、ポールがギター(フェンダー・エスクワイヤー)、ジョンがベース(フェンダー・ベースVI)。ジョージもギブソン・レスポールで参加している模様。ドラムスはリンゴ。ジョンがサックス、ロード・マネージャーのマル・エヴァンズトランペットを吹いているが、ほとんど聴こえない[2]

この曲のラストに発せられる絶叫はリンゴによるもので、"I've got blisters on my fingers."(指にまめができちゃった)と叫んでいる。実際、レコーディングに際して非常に激しくドラムスを叩いたため、リンゴの指にはまめができてしまったとされる。[3]

社会的影響[編集]

チャールズ・マンソンは白人と黒人のハルマゲドンを「ヘルター・スケルター」と呼び、砂漠に疑似生活共同体「ファミリー」のみで隠れ住むよう信者に説いていた。1969年シャロン・テートらを自らの信者に惨殺させた。

カヴァー[編集]

ザ・フーの楽曲と同様にHR/HM系グループの多くからカヴァーされており、特にモトリー・クルーはこの曲を多くのライブでカヴァーしている。他にも以下のアーティストがカバーしている。

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしポール自身は、ピートが何の曲のことを指しているのか未だに知らないという。
  2. ^ 『ザ・ビートルズ・レコーディング・セッションズ完全版』2009年、シンコーミュージック発行、マーク・ルイソン著、内田久美子訳、247頁。
  3. ^ ただし、この絶叫はステレオ・ミックスのみに含まれており、モノラル・ミックスでは聞くことができない(ステレオ・ミックスは一度フェイド・アウト後にフェイド・インするが、モノラル・ミックスではフェード・インせず、次曲『ロング・ロング・ロング』となるため)。