ヘルシンキ級ミサイル艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オウル
艦級概観
艦種 ミサイル艇
就役期間 1981年 - 2007年
前級 トゥイマ級ミサイル艇スウェーデン語版
次級 ラウマ級ミサイル艇
性能諸元
排水量 満載 300t
全長 45.0m
全幅 8.8m
吃水 3.0m
機関 MTU 16V 538 TB92ディーゼルエンジン(3,000 kW) 3基、3軸推進
最大速力 30kt
航続距離
乗員 30名
兵装 ボフォースMk1 57mm単装砲 1基
サコー 23mm連装機銃 1基
サーブRBS-15対艦ミサイル連装発射筒 4基
機雷兼爆雷投下軌条 2軌
同型艇 4隻

ヘルシンキ級ミサイル艇フィンランド語: Helsinki-luokan ohjusvene)は、フィンランド海軍ミサイル艇1981年から1986年に4隻建造された。

概要[編集]

前級のトゥイマ級ミサイル艇スウェーデン語版ソビエト連邦製の205-ER 設計大型ミサイル艇だったが、本級はヴァートシーラ社ヘルシンキ造船所で建造された国産艇で、海軍に関係がある都市名が付けられている。対艦ミサイルによる対艦戦だけではなく、ソナーを備え対潜水艦戦機雷敷設能力を持つなど、多用途に使用できるように考慮されている。

同型艦[編集]

関連項目[編集]