ヘルクレス座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルクレス座ベータ星
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0 (ICRS)
星座 ヘルクレス座
赤経 16h 30m 13.1999s[1]
赤緯 +21° 29′ 22.608″[1]
視等級 (V) 2.76 to 2.81[2]
特徴
スペクトル分類 G7III / ?[3]
U-B 色指数 +0.69[4]
B-V 色指数 +0.94[4]
R-I 色指数 +0.47[4]
アストロメトリー
視線速度 (Rv) −25.5 ± 0.9[1] km/s
固有運動 (μ) 赤経: −98.43[1] ミリ秒/
赤緯: −14.49[1] ミリ秒/
年周視差 (π) 22.07 ± 1.00[1] ミリ秒
距離 148 ± 7 光年
(45 ± 2 パーセク)
絶対等級 (MV) −0.5[5]
詳細
質量 2.9/0.9[6] M
半径 20/−[3] R
光度 175/−[3] L
表面温度 4900/−[3] K
連星のデータ[7], Table 3.
公転周期 (P) 410.6 d
軌道長半径 (a) 11.37 ± 0.51 arcsecond
離心率 (e) 0.55
軌道傾斜角 (i) 53.8 ± 2.3°
昇交点 (Ω) 341.9 ± 3.8°
近星点 元期 (T) 15500.4 MJD
近日点引数 (ω)
(primary)
24.6°
他の名称
Kornephoros, Korneforos, Rutilicus, β Her, Beta Herculis, Beta Her, 27 Herculis, 27 Her, BD+21 2934, FK5 618, HD 148856, HIP 80816, HR 6148, SAO 84411, WDS 16302+2129A/Aa.[1][4][8]
参照データベース
SIMBAD data

ヘルクレス座ベータ星 (β Herculis / β Her) は、ヘルクレス座で最も明るい恒星である[3]。視等級は+2.76と+2.81の間で変動する(但し変光範囲が小さいため眼視観測ではヘルクレス座ベータ星の変光はわからない)[2]。ギリシア語で「棍棒を担う人」という意味のコルネフォロス(Kornephoros)という固有名を持つ。またラテン語で「腋窩」という意味のtitillicusという言葉が訛ったルティリクス(Rutilicus)という名前で呼ばれることもある。

ヘルクレス座ベータ星は裸眼で見ると1つの星に見えるが、W. W. Campbellは1899年に分光観測を行い、太陽の方に向かう視線速度にずれがあることを発見し、2つの恒星からなる連星系であると結論付けた[9]。連星の軌道は1908年にコンピュータで計算された[10]

1977年にパロマー天文台で、Antoine Labeyrieらはヘール望遠鏡を用いてスペックル・イメージングによって系を解いた[11]

ヒッパルコスは、他の恒星に対する主星の軌道の動きを観測し[12]、これらのデータを用いて2005年に軌道をコンピュータで計算した。軌道周期はおよそ410日程度であった[7]。連星の主星はG型巨星である[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h SV* ZI 1252 -- Spectroscopic binary, database entry, SIMBAD. Accessed on line September 18, 2008.
  2. ^ a b NSV 7778, database entry, New Catalogue of Suspected Variable Stars, the improved version, Sternberg Astronomical Institute, Moscow, Russia. Accessed on line September 18, 2008.
  3. ^ a b c d e Kornephoros, Stars, Jim Kaler. Accessed on line September 18, 2008.
  4. ^ a b c d HR 6148, database entry, The Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed. (Preliminary Version), D. Hoffleit and W. H. Warren, Jr., CDS ID V/50. Accessed on line September 18, 2008.
  5. ^ From apparent magnitude and parallax.
  6. ^ The Visual Orbit, the Stellar Diameter and the Magnitude Difference of the Spectroscopic Binary β Herculis, X. P. Pan, M. Shao, M. M. Colavita, B. E. Hines, J. T. Armstrong, C. S. Denisson, M. Vivekanand, D. Mozurkewich, R. S. Simon, K. J. Johnston, Bulletin of the American Astronomical Society 22 (September 1990), p. 1335, Bibcode1990BAAS...22R1335P.
  7. ^ a b Astrometric orbits of SB9 stars, S. Jancart, A. Jorissen, C. Babusiaux, and D. Pourbaix, Astronomy and Astrophysics 442, #1 (October 2005), pp. 365–380, doi:10.1051/0004-6361:20053003, Bibcode2005A&A...442..365J.
  8. ^ Entry 16302+2129, The Washington Double Star Catalog, United States Naval Observatory. Accessed on line September 18, 2008.
  9. ^ The variable velocity of β Herculis in the line of sight, W. W. Campbell, Astrophysical Journal 11 (1900), p. 140, Bibcode1900ApJ....11..140C, doi:10.1086/140674.
  10. ^ The orbit of β Herculis, H. C. Plummer, Lick Observatory Bulletin 5 (1908), pp. 24–26, Bibcode1908LicOB...5...24P.
  11. ^ The digital speckle interferometer: preliminary results on 59 stars and 3C 27, A. Blazit, D. Bonneau, L. Koechlin, and A. Labeyrie, Astrophysical Journal Letters 214 (June 1, 1977), pp. L79–L84, Bibcode1977ApJ...214L..79B.
  12. ^ HIP 80816, database entry, The Hipparcos and Tycho Catalogues, ESA, 1997, CDS ID I/239.