ヘリシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハルサフェス
Heryshaf
ヒエログリフで表示
Hr
Z1
S
Z1 N21
f
ルーヴル美術館にあるヘリシェフの銀の像。

ヘリシェフ[1](Herishef。または HeryshafHershef。(エジプト語Ḥry-š=f "彼の湖の上にいる者")、[2] ギリシア語ではハルサフェス[1] (Ἁρσαφής。Harsaphes) と書き表される)は、エジプト神話における古来からのであって、彼への崇拝はヘラクレオポリス・マグナ英語版(現在の Ihnasiyyah al-Madinah)に集中していた。彼はエジプトの神話ではラーオシリスに同一視された[2]

第1中間期に、ヘリシェフを信仰する人々が、下エジプトナイル川デルタ地帯)に侵入していたアジア人を武力で従わせ、下エジプトと中エジプト英語版を統一して支配した[3]。このことによってヘリシェフは民族神の地位を得ることとなり、ホルスの形態の一つとみなされた[3]。後に、アメン神が牡羊の姿で表現される時はヘリシェフと同一視されることとなった[4]

ヘリシェフは羊の頭を持つ人間として描かれた[5]。創造と豊穣を司る[6]、水とも関係の深い神である[5]

注釈[編集]

  1. ^ a b 『エジプト神話』170頁で確認できる表記。
  2. ^ a b Forty (2001:84).
  3. ^ a b 『エジプト神話』170-171頁。
  4. ^ 『エジプト神話』183頁。
  5. ^ a b 『エジプト神話』171頁。
  6. ^ 『エジプト神話』180頁。

参考文献[編集]

※ 以下は翻訳にあたり直接参照していない。