ヘミセルロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘミセルロース(hemicellulose)は植物細胞壁に含まれる、セルロースを除くに対して不溶性の多糖類の総称。

1891年にE.シュルツェによって発見される。発見当初はセルロース生合成の中間体と見なされていたが、現在では別の多糖であることが知られている。植物の細胞壁でリグニンやセルロースと共に複合体を形成しており、その存在比は植物によって異なるがおおよそ30%前後である。成分はキシランマンナンのほか、グルコマンナングルクロノキシランなどのような複合多糖もある。キシランはキシロースの材料として工業的に利用されている。また、食品に含まれている食物繊維の一部を占める。