ヘミキクラスピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘミキクラスピス
生息年代: 426–416 Ma
シルル紀後期
Hemicyclaspis murchisoni 43.JPG
Hemicyclaspis murchisoni
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 頭甲綱 Cephalaspidomorphi
階級なし : 骨甲類 Osteostraci
: ヘミキクラスピス Hemicyclaspis
学名
Hemicyclaspis
Lankester, 1867
下位分類群
  • H. murchisoni (Egerton, 1857)
  • H. lightbodii (Lankester, 1870)

ヘミキクラスピス (Hemicyclaspis) は無顎類の一つ。4億2600万年前-4億1600万年前(プリドリ世-ゴースティアン期シルル紀後期)に生息した。カナダ・ヌナブト準州グレートブリテン島から産出する[1]

形態[編集]

復元図
頭甲

全長は15 cm程度。頭甲の側面と頭頂部には、感覚器官と考えられる構造があった。胸鰭はよく発達する。背鰭は後方に1基のみで、前縁には強い棘があった[2]

ケファラスピスのような、頭甲から後方に伸びる突起を持たない。このため、本属はこの突起(Cornual processes)を持つ Cornuata と呼ばれるクレードの姉妹群に位置づけられる[3]

Armoured fish, Hereford Museum and Art Gallery - DSCF1956.JPG

脚注[編集]

  1. ^ Hemicyclaspis in the Paleobiology Database英語版
  2. ^ LEDBURY CUTTING”. 2013年2月21日閲覧。
  3. ^ Cephalaspidomorphi: Osteostraci”. 2013年2月21日閲覧。