ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘブンズ・フラワー
The Legend of ARCANA
ジャンル 深夜連続ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 岡本伸吾
坪井敏雄
棚澤孝義
脚本 大林利江子
泉澤陽子
野高みゆき
出演者 川島海荷
荒木宏文
本放送
放送時間 金曜24:20 - 24:50(30分)
放送期間 2011年1月14日 - 3月4日
※一旦打ち切り(8回)
プロデューサー 高成麻畝子
佐藤敦司
外部リンク 公式サイト
再放送(第9話以降は本放送時は未放送)
放送時間 再放送参照
放送期間 2011年8月29日 - 9月13日(11回)
プロデューサー 高成麻畝子
佐藤敦司
テンプレートを表示

ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA』(ヘブンズ・フラワー ザ・レジェンド・オブ・アルカナ)はTBS系列Friday Break枠で2011年1月14日から放送されていたテレビドラマである。Friday Break枠の第2作目で、川島海荷の連続テレビドラマ初主演作品である[1]

2011年3月11日東日本大震災が発生した影響により、当日深夜(正確には翌日未明)放送予定であったEpisode 9は放送中止となった。その後、Episode 9以降が当面放送延期となったが、TBSでは同年8月29日から9月13日まで初回から再放送される事になった。

近未来舞台に、暗殺者刑事を描いたロマンチックミステリー[2]キャッチコピーは「その暗殺者は、愛を咲かせる」。

あらすじ[編集]

ある実験事故によって花が咲かない不毛の世界となり、深刻な食糧危機が続く日本。事故からの再建が進む中、「第七地区」だけは震源地として再建から取り残され、「見捨てられた街」となっていた。そんな第七地区に住む、一人の少女・アイ。天使のように微笑む彼女は、冷酷非情な暗殺者だった。数奇な運命に翻弄されながらもはかなく、そして懸命に生き抜いていくアイ。そこにはある一人の刑事との出会いがあり、それはアイにとって初めてとなる“ 恋心 ”を生むこととなる。「今まで決して見ることができなかった花をこの手で咲かせたい」 アイがその手で“ 花を咲かせよう ” と誓ったとき、運命の歯車は思わぬ方向へと進んでいく…。

キャスト[編集]

〈 〉内は設定年齢。

第七地区 ラストガーデン[編集]

星龍[編集]

警察[編集]

未来 (西暦2080年)[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各回 放送日 サブタイトル 脚本 演出
Episode 0 2011年1月12日 「ヘブンズ・フラワー」完全ナビ[1]
Episode 1 2011年1月14日 a girl from '7' 大林利江子 岡本伸吾
Episode 2 2011年1月21日 a boy awaking her〜暗闇に差す光 野高みゆき
Episode 3 2011年1月28日 They are meant to be〜運命の二人 大林利江子 坪井敏雄
Episode 4 2011年2月04日 rain falls like killing 雨のミッション 棚澤孝義
Episode 5 2011年2月11日 in the secret lesson 許されざる関係 岡本伸吾
Episode 6 2011年2月18日 they've come to a turning point その鎖を断つもの
Episode 7 2011年2月25日 truth, or mission 決戦 坪井敏雄
Episode 8 2011年3月04日 a whole new world 夜明けの約束 棚澤孝義
Episode 9 2011年9月12日 when SHE meets HERSELF 愛を知るとき 野高みゆき 岡本伸吾
Episode 10 2011年9月13日 a girl came back to'7' 絆 中山智博 坪井敏雄
Episode 11 2011年9月13日 a girl from heaven〜希望の種 大林利江子 岡本伸吾
(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
備考
  1. ^24時55分から25時25分まで放送されたドラマの宣伝。

ネット局と放送時間[編集]

本放送[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 系列 備考
関東広域圏 TBS 金曜 24:20 - 24:50[3] TBS系 制作局
宮城県 東北放送 (TBC) 同時ネット
富山県 チューリップテレビ (TUT)
静岡県 静岡放送 (SBS)
近畿広域圏 毎日放送 (MBS) 火曜 25:25 - 25:55[1][2] 2011年1月18日開始
中京広域圏 中部日本放送 (CBC) 金曜 25:27 - 26:00 2011年1月21日開始
北海道 北海道放送 (HBC) 水曜 25:56 - 26:26[2] 2011年1月26日開始
福岡県 RKB毎日放送 (RKB) 木曜 25:25 - 25:55[2] 2011年1月27日開始
広島県 中国放送 (RCC) 金曜 25:55 - 26:25 2011年1月28日開始
備考
  1. ^初回放送時間は25:35 - 26:05。
  2. a b c それぞれ2011年2月1日・2日・3日の放送は、特別編成のため上記時間より36分押し。

再放送[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
関東広域圏 TBS
(制作局)
2011年8月29日
2011年9月5日 - 9月13日
月曜 26:05 - 27:35
月・火曜 25:55 - 27:01
TBS系 第1話 - 第3話まで放送
第4話からは2話ずつ放送
北海道 北海道放送 (HBC) 2011年10月23日 - 2012年1月16日 日曜 24:56 - 25:28 第9話は25:45 - 26:15

作品[編集]

小説[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

TBS Friday Break
前番組 番組名 次番組
クローン ベイビー
(2010.10.8 - 2010.12.17)
ヘブンズ・フラワー
The Legend of ARCANA

(2011.1.14 - 2011.3.4、8.29 - 9.13)
シマシマ
(2011.4.22 - 2011.6.24)