ヘッド・フォン・プレジデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HEAD PHONES PRESIDENT
}
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル Rock
Alternative Rock
Heavy Metal
Loud Rock
様々な音楽要素のCrossover
活動期間 2000年 -
公式サイト HEAD PHONES PRESIDENT Official Site
メンバー
ANZAボーカル
HIRO(ギター
NARUMI(ベース
BATCH(ドラム
旧メンバー
MAR(ギター)(1999-2010)
OKAJI(ドラム)(2000-2004)
KAWADY(ベース)(2000)
TAKE(ベース)(2002)

HEAD PHONES PRESIDENT(ヘッド・フォン・プレジデント)は日本のヘビーロックバンド。

  • 正しい読みは「ヘッド・フォン・プレジデント」であり、ヘッド・フォンズ・プレジデントではない。
  • 略称はHPP。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ANZA (ボーカル)
  • HIRO (ギター)
  • NARUMI (ベース) 2002年~
  • BATCH (ドラム)2009年2月1日~

 BATCHは2005年~2009年1月31日までサポートドラマーとして参加。

旧メンバー[編集]

  • MAR (ギター) 2000年~2010年。
  • OKAJI (ドラム) 2000年~2004年。植村花菜(サポート)、HeavensDust(メンバー/ドラム)
  • KAWADY (ベース) 2000年
  • TAKE (ベース) 2002年


バンド名の由来[編集]

  • バンド名には「ヘッドフォンから聴こえてくる音楽で1番に」との思いが込められている。


経歴[編集]

2000年
  • ANZA、HIRO、MARがHEAD PHONES PRESIDENTを結成。
  • OKAJI(ドラム)とKAWADY(ベース)が加入。
  • 12月6日、1st single『escapism』リリース。
  • 発売3日後にもかかわらず、タワーレコード渋谷店でシングルチャート1位を獲得。同日のインストア・ライブでは300人を動員する。その後、KAWADYが脱退。
2001年
  • 5月16日、2nd single『Crap Head』をリリース。日本語の曲はこのsingleで最後になる。
2002年
  • TAKE(ベース)が加入。
  • 2月9日、1st Mini Album『id』リリース。タイトルの「イド」は精神分析学用語「エス」の訳語(ラテン語)。無意識の奥底という意味。
  • TAKE脱退。サポートベーシストを迎えてライブ活動を行う。
  • 前バンドではギタリストだったNARUMIが加入、と同時にベーシストに転向。
  • 初海外公演となるニューヨークでのライブを行う。
2003年
  • 4月25日、1st Full Album『VARY』リリース。タイトルはヒンドゥー語で「犠牲」という意味。
2004年
  • 4月23日、3rd single『de ja dub』リリース。
  • 5月15日、新宿MARZにてワンマン・ライブ。
  • 10月、渋谷pでOKAJIがソロ・ライブ。その後、脱退。
2005年
  • 1月、通常より2倍太いスティックを使いパワフルな音を出すBATCHがサポート・ドラマーに採用される。手数の多いOKAJIとは正反対のタイプ。
  • 6月6日、4th single『WhitErRor』リリース。エンハンスト仕様。ドラムはOKAJIによるもの。
  • 10月17日、渋谷TaU Kitchenにてワンマン・ライブ。チケットはソールドアウト。
  • ニューヨーク公演を行う。
  • 11月23日、2nd Mini Album『Vacancy』リリース。ジャケットはANZAによるもの。
2006年
  • 6月、水戸Light Houseにてライブ撮影。
  • 8月30日、1st DVD『Toy's box』リリース。
2007年
  • 2月4日、インディ・レーベル・コンベンション「independence-D」出演。内外の60もの出演者のなか、Myspaceによる人気投票で1位になる。
  • 2月下旬、スウェーデン・ツアー。
  • 6月23日、新宿MARZにてワンマン・ライブ。
  • 7月29日、台湾のロック・フェス「FORMOZ FESTIVAL 2007」に出演。石(ロック)ステージ最終日のヘッドライナーをつとめる。
  • 11月、ロサンゼルスにて行われた「Pacific Media Expo」に出演。
  • 12月12日、2nd Full Album『folie a deux』リリース。タイトルはフランス語で意味は「ふたり狂い」。精神病患者と共同生活を営むひとに精神病が伝染する症状を指す。
2008年
  • 1st Full Album『VARY』再リリース。ブックレットにフォトを追加したもの。音源は2003年のものと同じ。
  • 2月、アメリカのメタルコアバンド、IN THIS MOMENTの来日公演をサポート。
  • 2月、IN THIS MOMENTの中国ツアーに同行、北京公演を行う。
  • 6月9日、ムック主催のイベント「えん4」に出演。筋肉少女帯凛として時雨とも共演する。
  • 6月下旬、オーストラリア・ツアー。
  • 7月13日、国内初の女性ボーカル・バンド・フェス「ADDICT XX」にヘッドライナーとして出演。
  • 7月25日、台湾のロック・フェス「FORMOZ FESTIVAL 2008」に出演。二年連続で石ステージのヘッドライナーをつとめる。
  • 10月18日、「LOUD PARK 08」初日。最初の出演にもかかわらず入場規制がかかるほどの盛況を見せ、物販もすべて売り切れる。
  • 10月21日、配信限定シングル『Chain (Acoustic Version)』配信開始。
  • 10月29日、2nd DVD『PARALYSED BOX』リリース。先の「ADDICT XX」公演のライブなどを収録。
  • 11月21日、渋谷 Club Asia でワンマン・ライブを行う。チケットはソールドアウト。
2009年
  • 2月1日、オフィシャル・サイトでサポートメンバーのBATCH(ドラム)が正式メンバーになったと発表される。
  • 5月17日、去年に引き続き、IN THIS MOMENTのツアー「THE DREAM TOUR IN JAPAN 2009」に参加する。オープニング・アクトはCrossfaith
  • 7月11日、韓国ソウルにて開催された「ASIA METAL FESTIVAL 2009 SUMMER SPECIAL」に出演。
  • 7月17日、3回目となる台湾公演を行う。
  • 10月7日、3rd Mini Album『PRODIGIUM』リリース。タイトルはラテン語で「奇妙な出来事」「奇跡」「驚異」を意味する。
  • 10月23日、Shibuya O-WESTにてワンマン・ライブ。
2010年
  • 2月11日~12日、カナダのメタルコアバンド、THE AGONISTとのツアー。12日はソールドアウト。
  • 4月下旬~5月上旬、ブラジル・ツアー。当初予定されていたアルゼンチンとチリにおける公演は、チリ地震に伴う影響のため中止された。
  • 9月3日、1st Self-cover Album『PobI Lliw』リリース。意味はウェールズ語で「人と色」。ポブル・リウはイギリス英語読み。本来の読みはポブラ・スリイウ。
  • 9月7日、タワーレコード新宿店にてDOMENICAとインストア・ライブを行う。両バンドともアコースティック・セット。
  • 9月8日、Club Asiaにて行われたMySpaceのイベント「CONNECT NOTE」にDOMENICAと出演。
  • 9月10日、大阪 Club VijonからDOMENICAとの「Fuse the soul」ツアースタート。9月11日、名古屋 HEARTLAND。9月12日、東京 SHIBUYA BOXX。
  • 9月19日、D'ERLANGER主催の「ABSTINENCE'S DOOR #005」に出演。girugämeshdefspiralとも共演する。
  • 10月22日、Club Asiaにて初のアコースティック・セットによるワンマン・ライブを行う。
  • 11月3日~10日、ニューヨーク公演。その一部はストリーミング配信された。
  • 11月24日、オフィシャル・サイトにてMAR(ギター)の脱退が発表される。理由は一身上の都合とのこと。
2011年
  • 1月~2月、金沢、大阪、名古屋、東京におけるワンマン・ツアーを敢行。東京以外での単独公演はこれが初となる。
  • 2月4日、Shibuya CLUB QUATTROにてライブ撮影。
  • 2月末、フランスはマルセイユにて開催された「Japan Expo Sud」に出演。初日はアコースティック・セット、二日目は通常のライブとサイン会を行う。
  • 5月1日、ANZAが「ANZA's box」と題されたソロ・ライブを昼夜二公演行う。HIROもギターで参加。HEAD PHONES PRESIDENTとしても2曲演奏する。
  • 6月9日、ANZAとANZAの衣裳担当であるRIHOによるファッション・ブランド「RAZ-Rabbit」のネットショップがオープン。
  • 7月6日、3rd DVD『DELIRIUM』リリース。2枚組。
  • 9月23日、HIROが「Shred Galaxy」と題されたソロ公演を行う。
  • 10月7日、4回目の台湾公演。日本のメタル・バンド、SURVIVEと共演。
  • 11月24日~27日、「激ロックFes Vol.9」に出演。アメリカのスラッシュメタルバンド、LAZARUS A.D.らとともに大阪、名古屋、東京公演を行う。
2012年
  • 1月18日、メディアファクトリー洋楽ロックレーベル「Radtone MUSIC」よりフルアルバムをリリースすることを発表。
  • 3月31日、「Preview Live」と題されたワンマン・ライブを行う。
  • 4月1日、シングル『PURGE THE WORLD』をアメリカ限定でリリース。エンハンスト仕様。iTunesUSでも配信開始。
  • 4月6日~8日、ナッシュビルにて開催された「MTAC(Middle Tennessee Anime Convention)」にヘッドライナーとして出演。その後、ニューヨーク公演を行う。
  • 5月15日、HIROが「Shred Hazard」と題されたソロ公演を行う。
  • 5月23日0時、iTunesより3rd Full Album『Stand In The World』を先行配信。
  • 6月6日、3rd Full Album『Stand In The World』リリース。歌詞対訳収録はこれが初となる。
  • 6月16日~9月7日まで、「Stand In The World TOUR」を行う。また、仙台・東京・大阪・札幌・名古屋ではインストア・ライブも行った。
  • 11月10日~11日、台中と台北にて5回目の台湾公演。台北ではTHE AGONISTとふたたび共演する。
  • 11月22日、HIROが「Night Of The Shred Dead」と題されたソロ公演を行う。
  • 12月29日、「The End Of The Year Premium Show」と題されたワンマン・ライブを行う。Human Beatboxer TATSUYAと共演。また、サラウンド・システムを導入した。
2013年
  • 3月2日、台湾の高雄市にて開催された「MEGA PORT FESTIVAL 2013」に出演。南覇天ステージのヘッドライナーをつとめる。
  • 5月12日、「Ozzfest Japan 2013」二日目にパープル・ステージのオープニング・アクトとして出演。
  • 7月25日、ロックとファッションの融合をコンセプトとした「FUSE THE SOUL」の開催を発表。出演バンドとしてfadeexist†traceが、出演ブランドとしてSEX POT ReveNGe、RAZ、ROCK★STAR★STONE、二葉ファッション・アカデミーが発表された。
  • 8月4日より「HPP Live Tour 2013」と題されたツアーを行った。仙台(8月4日)名古屋(9月8日)大阪(9月21日)と周り、最後の東京公演が「FUSE THE SOUL」となる。
  • 8月9日、「FUSE THE SOUL」のオープニング・アクトを選出する「Fuse The Soul Extra」が行われた。エントリーされたAround the Nation、ulma sound junction、Angers、6ft.downの4バンドのライブ後、投票が行われた。HPPもライブを行った。
  • 8月17日、「FUSE THE SOUL」の第2弾出演者発表。出演バンドでGacharic Spinが、ブランドでANDROGYNEが、また出演モデル3人が発表された。
  • 8月30日、「FUSE THE SOUL」の第3弾出演者発表。出演バンドでLIGHT BRINGERが、またDJ2人が発表された。
  • 9月14日、台湾のロックバンドOVDSとアコースティック・ミニライブで共演。
  • 9月28日、「FUSE THE SOUL」を新宿BLAZEにて開催。バンドのライブとファッション・ショーを交互に行うスタイルで行われた。
  • 11月29日、HIROが「Revenge Of The Shred」と題されたソロ公演を行う。ベースは吉田のりお、ドラムは日下部圭(GARI)。
  • 12月19日から22日にかけて、中国ツアーを行う。香港、広州、北京、上海の四公演。
  • 12月29日、JURASSIC JADEとのツーマン公演。


ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • escapism (2000)
  • Crap Head (2001)
  • de ja dub (2004) CD+DVD
  • WhitErRor (2005) エンハンスト仕様
  • PURGE THE WORLD (2012) US限定販売

配信限定シングル[編集]

  • Chain (Acoustic Version) (2008)

フル・アルバム[編集]

  • VARY (2003)
  • folie a deux (2007)
  • Stand In The World (2012)

ミニ・アルバム[編集]

  • id (2002)
  • Vacancy (2005)
  • PRODIGIUM (2009)

セルフカヴァー・アルバム[編集]

  • Pobl Lliw (2010)

DVD[編集]

  • Toy's box (2006)
  • PARALYSED BOX (2008)
  • DELIRIUM (2011) 2DVD


コンピレーション[編集]

  • Next Tribe (2003) - "I Will Stay"収録
  • 69★TRIBE~King of 69★ADVENTURE!(2005/DVD) - "Crumbled"と"I Will Stay"のライブ映像、インタビューを収録
  • LOUD PARK 08 vol.1 (2008) - "Chain"収録


外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • CD、DVDのブックレットのメンバー表。公式サイトに掲載された告知(サイトリニューアル歴不明)
  • JAG (2002年/12月号)
  • EAT magazine (2003年/NO.51)
  • リズム&ドラムマガジン (2003年/6月号)
  • BASTARDS! (2003年/Vol.11)(2004年/Vol.13)
  • BURRN! (2004年/5月号)(2005年/7月号/12月号)(2008年/1月号/11月号)(2009年/8月号/11月号)(2010年/11月号)(2011年/8月号)(2012年/7月号)
  • METALLION (2008年/Vol.30)
  • レプリーク (2004年/6月号/Vol/51)
  • FOOL'S MATE (2004年/8月号)(2007年/2月号)
  • bounce (2007年/1月号)
  • BG Magazine (2007年/Vol.49)
  • GrindHouse Magazine (2007年/Vol.45)(2010年/Vol.61)(2012年/Vol.72)
  • Guitar Magazine (2008年/1月号)(2012年/7月号)
  • Bass Magazine (2008年/1月号/3月号)(2012年/8月号)
  • Player (2012年/8月号)