ヘッド・フォン・プレジデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HEAD PHONES PRESIDENT
}
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル Rock
Alternative Rock
Heavy Metal
Loud Rock
様々な音楽要素のCrossover
活動期間 2000年 -
公式サイト HEAD PHONES PRESIDENT Official Site
メンバー
ANZAボーカル
HIRO(ギター
NARUMI(ベース
BATCH(ドラム
旧メンバー
MAR(ギター)(1999-2010)
OKAJI(ドラム)(2000-2004)
KAWADY(ベース)(2000)
TAKE(ベース)(2002)

HEAD PHONES PRESIDENT(ヘッド・フォン・プレジデント)は日本のヘビーロックバンド。

  • 正しい読みは「ヘッド・フォン・プレジデント」であり、ヘッド・フォンズ・プレジデントではない。
  • 略称はHPP。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ANZA (ボーカル)
  • HIRO (ギター)
  • NARUMI (ベース) 2002年~
  • BATCH (ドラム) 2009年2月1日~

 BATCHは2005年~2009年1月31日までサポートドラマーとして参加。

旧メンバー[編集]

  • MAR (ギター) 2000年~2010年。
  • OKAJI (ドラム) 2000年~2004年。植村花菜(サポート)、HeavensDust(メンバー/ドラム)
  • KAWADY (ベース) 2000年
  • TAKE (ベース) 2002年


バンド名の由来[編集]

  • バンド名には「ヘッドフォンから聴こえてくる音楽で1番に」との思いが込められている。


経歴[編集]

2000年
  • ANZA、HIRO、MARがHEAD PHONES PRESIDENTを結成。
  • OKAJI(ドラム)とKAWADY(ベース)が加入。
  • 12月6日、1st single『escapism』リリース。
  • 発売3日後にもかかわらず、タワーレコード渋谷店でシングルチャート1位を獲得。同日のインストア・ライブでは300人を動員する。その後、KAWADYが脱退。
2001年
  • 5月16日、2nd single『Crap Head』をリリース。日本語の曲はこのsingleで最後になる。
2002年
  • TAKE(ベース)が加入。
  • 2月9日、1st Mini Album『id』リリース。タイトルの「イド」は精神分析学用語「エス」の訳語(ラテン語)。無意識の奥底という意味。
  • TAKE脱退。サポートベーシストを迎えてライブ活動を行う。
  • 前バンドではギタリストだったNARUMIが加入、と同時にベーシストに転向。
  • 初海外公演となるニューヨークでのライブを行う。
2003年
  • 4月25日、1st Full Album『VARY』リリース。タイトルはヒンドゥー語で「犠牲」という意味。
2004年
  • 4月23日、3rd single『de ja dub』リリース。
  • 5月15日、新宿MARZにてワンマン・ライブ。
  • 10月、渋谷pでOKAJIがソロ・ライブ。その後、脱退。
2005年
  • 1月、通常より2倍太いスティックを使いパワフルな音を出すBATCHがサポート・ドラマーに採用される。手数の多いOKAJIとは正反対のタイプ。
  • 6月6日、4th single『WhitErRor』リリース。エンハンスト仕様。ドラムはOKAJIによるもの。
  • 10月17日、渋谷TaU Kitchenにてワンマン・ライブ。チケットはソールドアウト。
  • ニューヨーク公演を行う。
  • 11月23日、2nd Mini Album『Vacancy』リリース。ジャケットはANZAによるもの。
2006年
  • 6月、水戸Light Houseにてライブ撮影。
  • 8月30日、1st DVD『Toy's box』リリース。
2007年
  • 2月4日、インディ・レーベル・コンベンション「independence-D」出演。内外の60もの出演者のなか、Myspaceによる人気投票で1位になる。
  • 2月下旬、スウェーデン・ツアー。
  • 6月23日、新宿MARZにてワンマン・ライブ。
  • 7月29日、台湾のロック・フェス「FORMOZ FESTIVAL 2007」に出演。石(ロック)ステージ最終日のヘッドライナーをつとめる。
  • 11月、ロサンゼルスにて行われた「Pacific Media Expo」に出演。
  • 12月12日、2nd Full Album『folie a deux』リリース。タイトルはフランス語で意味は「ふたり狂い」。精神病患者と共同生活を営むひとに精神病が伝染する症状を指す。
2008年
  • 1st Full Album『VARY』再リリース。ブックレットにフォトを追加したもの。音源は2003年のものと同じ。
  • 2月、アメリカのメタルコアバンド、IN THIS MOMENTの来日公演をサポート。
  • 2月、IN THIS MOMENTの中国ツアーに同行、北京公演を行う。
  • 6月9日、ムック主催のイベント「えん4」に出演。筋肉少女帯凛として時雨とも共演する。
  • 6月下旬、オーストラリア・ツアー。
  • 7月13日、国内初の女性ボーカル・バンド・フェス「ADDICT XX」にヘッドライナーとして出演。
  • 7月25日、台湾のロック・フェス「FORMOZ FESTIVAL 2008」に出演。二年連続で石ステージのヘッドライナーをつとめる。
  • 10月18日、「LOUD PARK 08」初日。最初の出演にもかかわらず入場規制がかかるほどの盛況を見せ、物販もすべて売り切れる。
  • 10月21日、配信限定シングル『Chain (Acoustic Version)』配信開始。
  • 10月29日、2nd DVD『PARALYSED BOX』リリース。先の「ADDICT XX」公演のライブなどを収録。
  • 11月21日、渋谷 Club Asia でワンマン・ライブを行う。チケットはソールドアウト。
2009年
  • 2月1日、オフィシャル・サイトでサポートメンバーのBATCH(ドラム)が正式メンバーになったと発表される。
  • 5月17日、去年に引き続き、IN THIS MOMENTのツアー「THE DREAM TOUR IN JAPAN 2009」に参加する。オープニング・アクトはCrossfaith
  • 7月11日、韓国ソウルにて開催された「ASIA METAL FESTIVAL 2009 SUMMER SPECIAL」に出演。
  • 7月17日、3回目となる台湾公演を行う。
  • 10月7日、3rd Mini Album『PRODIGIUM』リリース。タイトルはラテン語で「奇妙な出来事」「奇跡」「驚異」を意味する。
  • 10月23日、Shibuya O-WESTにてワンマン・ライブ。
2010年
  • 2月11日~12日、カナダのメタルコアバンド、THE AGONISTとのツアー。12日はソールドアウト。
  • 4月下旬~5月上旬、ブラジル・ツアー。当初予定されていたアルゼンチンとチリにおける公演は、チリ地震に伴う影響のため中止された。
  • 9月3日、1st Self-cover Album『PobI Lliw』リリース。意味はウェールズ語で「人と色」。ポブル・リウはイギリス英語読み。本来の読みはポブラ・スリイウ。
  • 9月7日、タワーレコード新宿店にてDOMENICAとインストア・ライブを行う。両バンドともアコースティック・セット。
  • 9月8日、Club Asiaにて行われたMySpaceのイベント「CONNECT NOTE」にDOMENICAと出演。
  • 9月10日、大阪 Club VijonからDOMENICAとの「Fuse the soul」ツアースタート。9月11日、名古屋 HEARTLAND。9月12日、東京 SHIBUYA BOXX。
  • 9月19日、D'ERLANGER主催の「ABSTINENCE'S DOOR #005」に出演。girugämeshdefspiralとも共演する。
  • 10月22日、Club Asiaにて初のアコースティック・セットによるワンマン・ライブを行う。
  • 11月3日~10日、ニューヨーク公演。その一部はストリーミング配信された。
  • 11月24日、オフィシャル・サイトにてMAR(ギター)の脱退が発表される。理由は一身上の都合とのこと。
2011年
  • 1月~2月、金沢、大阪、名古屋、東京におけるワンマン・ツアーを敢行。東京以外での単独公演はこれが初となる。
  • 2月4日、Shibuya CLUB QUATTROにてライブ撮影。
  • 2月末、フランスはマルセイユにて開催された「Japan Expo Sud」に出演。初日はアコースティック・セット、二日目は通常のライブとサイン会を行う。
  • 5月1日、ANZAが「ANZA's box」と題されたソロ・ライブを昼夜二公演行う。HIROもギターで参加。HEAD PHONES PRESIDENTとしても2曲演奏する。
  • 6月9日、ANZAとANZAの衣裳担当であるRIHOによるファッション・ブランド「RAZ-Rabbit」のネットショップがオープン。
  • 7月6日、3rd DVD『DELIRIUM』リリース。2枚組。
  • 9月23日、HIROが「Shred Galaxy」と題されたソロ公演を行う。
  • 10月7日、4回目の台湾公演。日本のメタル・バンド、SURVIVEと共演。
  • 11月24日~27日、「激ロックFes Vol.9」に出演。アメリカのスラッシュメタルバンド、LAZARUS A.D.らとともに大阪、名古屋、東京公演を行う。
2012年
  • 1月18日、メディアファクトリー洋楽ロックレーベル「Radtone MUSIC」よりフルアルバムをリリースすることを発表。
  • 3月31日、「Preview Live」と題されたワンマン・ライブを行う。
  • 4月1日、シングル『PURGE THE WORLD』をアメリカ限定でリリース。エンハンスト仕様。iTunesUSでも配信開始。
  • 4月6日~8日、ナッシュビルにて開催された「MTAC(Middle Tennessee Anime Convention)」にヘッドライナーとして出演。その後、ニューヨーク公演を行う。
  • 5月15日、HIROが「Shred Hazard」と題されたソロ公演を行う。
  • 5月23日0時、iTunesより3rd Full Album『Stand In The World』を先行配信。
  • 6月6日、3rd Full Album『Stand In The World』リリース。歌詞対訳収録はこれが初となる。
  • 6月16日~9月7日まで、「Stand In The World TOUR」を行う。また、仙台・東京・大阪・札幌・名古屋ではインストア・ライブも行った。
  • 11月10日~11日、台中と台北にて5回目の台湾公演。台北ではTHE AGONISTとふたたび共演する。
  • 11月22日、HIROが「Night Of The Shred Dead」と題されたソロ公演を行う。
  • 12月29日、「The End Of The Year Premium Show」と題されたワンマン・ライブを行う。Human Beatboxer TATSUYAと共演。また、サラウンド・システムを導入した。
2013年
  • 3月2日、台湾の高雄市にて開催された「MEGA PORT FESTIVAL 2013」に出演。南覇天ステージのヘッドライナーをつとめる。
  • 5月12日、「Ozzfest Japan 2013」二日目にパープル・ステージのオープニング・アクトとして出演。
  • 7月25日、ロックとファッションの融合をコンセプトとした「FUSE THE SOUL」の開催を発表。
  • 8月4日より「HPP Live Tour 2013」と題されたツアーを行った。仙台(8月4日)名古屋(9月8日)大阪(9月21日)と周り、最後の東京公演が「FUSE THE SOUL」となる。
  • 8月9日、「FUSE THE SOUL」のオープニング・アクトを選出する「Fuse The Soul Extra」が行われた。エントリーされたAround the Nation、ulma sound junction、Angers、6ft.downの4バンドのライブ後、投票が行われた。HPPもライブを行った。
  • 9月14日、台湾のロックバンドOVDSとアコースティック・ミニライブで共演。
  • 9月28日、「FUSE THE SOUL」を新宿BLAZEにて開催。バンドのライブとファッション・ショーを交互に行うスタイルで行われた。出演バンドはexist†traceLIGHT BRINGERfadeGacharic Spin、出演ブランドはSEX POT ReveNGe、RAZ、ROCK★STAR★STONE、二葉ファッション・アカデミー、ANDROGYNE。
  • 11月29日、HIROが「Revenge Of The Shred」と題されたソロ公演を行う。ベースは吉田のりお、ドラムは日下部圭(GARI)。
  • 12月19日から22日にかけて、中国ツアーを行う。香港、広州、北京、上海の四公演。
  • 12月29日、JURASSIC JADEとのツーマン公演。
2014年
  • 5月24日、ANZAがソロ・ライブ昼夜二公演を行う。HIROもギターで参加。
  • 7月18日、新作の先行試聴会を行う。同時に、ANZAとHIROによるアコースティック・ミニライブも行われた。
  • 7月20日、仙台Club Junkboxにて行われた「鋼鉄和洋折衷」にて人間椅子と共演。
  • 7月25日から27日にかけて台湾ツアー。初日は嘉義市にて行われた「Wake Up Festival」に出演。射日ステージのヘッドライナーをつとめる。翌日は台北市にてイベント出演、翌々日は台北公演を行った。また、この台湾ツアーにて4th Album『Disillusion』を先行発売。
  • 7月30日、iTunesより4th Album『Disillusion』を先行配信。
  • 8月6日、4th Album『Disillusion』リリース。
  • 9月12日、急逝したUNITEDのベーシスト横山明裕を追悼する「Yoko Fest The Final ヨコちゃん逝ったよ~全員集合!」に出演。
  • 10月8日から12日にかけて、台湾のメタルバンドSolemn 恕と東名阪ツアーを行う。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2000年12月06日 escapism MYCS-70005
  1. escapism
  2. Fuck!
  3. Alien Blood
スレッジレコード
2nd 2001年05月16日 Crap Head MYCS-70006
  1. Crap head
  2. Shit now
  3. Room
スレッジレコード
3rd 2004年4月23日 de ja dub TGR-0001

CD

  1. Corroded
  2. Ill-treat
  3. A~La~Z

DVD

  1. Corroded [PV]
  2. Life is not fair [PV]
Tribe gate records
4th 2005年6月6日 WhitErRor H.P.P-O. 5488
  1. Crumbled
  2. f’s
  3. grieve
  4. Se-shu-RinLa

CD Extra

  1. Corroded [PV]
  2. sand [LIVE]
TYHOON JAPAN
5th 2012年4月1日 PURGE THE WORLD
  1. Purge
  2. Stand In The World
US限定販売

配信限定シングル[編集]

  • Chain (Acoustic Version) (2008)

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
フル・アルバム
1st 2003年4月25日
2008年05月28日
VARY HWCA-1086
XQDV-1002
  1. 58468/0
  2. Fight Out
  3. Puppet
  4. Star
  5. Furumen
  6. Sacrificed
  7. Wandering
  8. I will stay
  9. Abiso
  10. vary
HOWLING BULL RECORDS
United Asia Link
2nd 2007年12月12日 folie a deux XQDV-1001
  1. Chain
  2. Cray Life
  3. Ladyrinth
  4. Refine
  5. Hang Veil
  6. Free Fate
  7. Lie Waste
  8. Puraudis
  9. Light to Die
  10. Endless Line
  11. Folie a Duex
  12. n0ize
United Asia Link
3rd 2012年06月06日 Stand In The World RADC-073
  1. Stand In The World
  2. My Name Is
  3. In Scrying
  4. Melt
  5. Dive
  6. Where Are You
  7. Just A Human
  8. Rainy Stars
  9. Enter The Sky
  10. Lost Place
  11. Rise And Shine
  12. Eyes
  13. Purge
RADTONE MUSIC
オリコン最高146位
4th 2014年08月06日 Disillusion RADC-086
  1. The One To Break
  2. A New World
  3. I Mean It
  4. Breeze
  5. Wait
  6. Miss You
  7. Dance With Shadows
  8. Far Away
  9. Left Alone
  10. Too Short
  11. In Dreams
TONIC code/RADTONE MUSIC
オリコン最高132位
ミニ・アルバム
1st 2002年2月9日 id EXTR-0001
  1. I.D
  2. Life is not fair
  3. What’s
  4. too scared
  5. Escapism
  6. Shouting
  7. Alien blood
EX TRIBE RECORD
2nd 2005年11月23日 Vacancy JTCP-1004
  1. vacancy
  2. inside
  3. snares
  4. Just like?
  5. PALAM Ya-Da
  6. Groan and Smile
  7. outside
TYPHOON JAPAN
3rd 2009年10月07日 PRODIGIUM IUCP-16064
  1. Desecrate
  2. Nowhere
  3. Divinity
  4. Reality
  5. Wailing Way
  6. Cloudy Face
  7. Sixoneight
  8. Remade
SPIRITUAL BEAST
オリコン最高239位
セルフカヴァー・アルバム
1st 2010年09月03日 Pobl Lliw POBL-1113
  1. Hitotoiro
  2. Fight Out
  3. Labyrinth
  4. Reset
  5. Inside
  6. Life Is Not Fair
  7. Hang Veil
  8. Sand
  9. Hello
  10. Col Delon
  11. Pobl Lliw
TONIC code
タワーレコード限定

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2006年8月30日 Toy's box JTDP-1001 TYHOON JAPAN
2nd 2008年10月29日 PARALYSED BOX XQDV-2001
  1. n0ize
  2. Hang Veil
  3. Chain
  4. Cray Life
  5. Sacrificed
  6. Labyrinth
  7. non title
  8. I will stay
  9. Chain -Aco ver.-
United Asia Link
3rd 2011年7月6日 DELIRIUM AHNB-0001 2DVD TOWER RECORDS DISTRIBUTION

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2001年11月16日 STYLUS#2(HARD CORE編) CJ-0002
  1. SUN / all O.K.
  2. 直球勝負 / スラングブギー
  3. GAME / wnico
  4. Fading Pride / spanam
  5. Reset / THE CREATOR OF
  6. PISTOL&ME 孤独なピストル / PIGMEN
  7. 無情の風 / ELEMENT
  8. リーマンダイヴ / QP-CRAZY
  9. 虹 / メキシコ
  10. Clumsy bird / BOMB FACTORY
  11. Bedroom Surfers / the fantastic designs
  12. ROOM / HEAD PHONES PRESIDENT
  13. Dancing Master / BONKIN' CLAPPER
  14. 負の暗示 / CULT OF PERSONALITY
  15. 糺すの森 / SUNKING
COLLEGE CHART JAPAN
2003年4月2日 Next Tribe HWCA-1085
  1. VICIOUS CIRCLE / DEMIGOD
  2. LIFE IS NOT FAIR / HEAD PHONES PRESIDENT
  3. sunset syndrome / quaff
  4. FLOAT / WHEEL OF DOOM
  5. confusion / JABBER WOCK
  6. DEAD ALL REAL / BROW
  7. yellow / wipe out
  8. LIAR / swift
  9. UP SURGE / ANGOR VAT
  10. SACRIFICE / PATHOS OF SACRIFICE
  11. TWIST MIND / SONS OF SAM
  12. grande-preut / NINESTUD
  13. ROOTS ROCK SURVIVE / SURVIVE
HOWLING BULL RECORDS
2005年10月25日 69★TRIBE~King of 69★ADVENTURE! FDMD-0006
  1. Intro / Sonomi Feat.Kreva&Cuezero
  2. 一人じゃないのよ / Sonomi Feat.Kreva&Cuezero
  3. 晴天 / Sonomi Feat.Kreva&Cuezero
  4. Very Nice / Sonomi Feat.Kreva&Cuezero
  5. ラブ・リルカ / マツリルカ+アリス
  6. Super Summer Vibration / マツリルカ+アリス
  7. サーフライダー 8 幸せであるように / マツリルカ+アリス
  8. 幸せであるように / マツリルカ+アリス
  9. My Crew Deep / Steph Pockets
  10. Flowers / Steph Pockets
  11. Could You Be Loved / Steph Pockets
  12. Summertime / Steph Pockets
  13. What's Up / Steph Pockets
  14. Iron Lion Zion / カルカヤマコト
  15. Jump Kick / 飛び蹴
  16. 神風脳天キック / 飛び蹴
  17. SS改 / 麒麟
  18. ホットロード / 麒麟
  19. Crumbled / HEAD PHONES PRESIDENT
  20. I Will Stay / HEAD PHONES PRESIDENT
  21. Tomorrow / THE LOCAL ART
  22. クラクション / THE LOCAL ART
  23. サヨナラは言葉にできない / THE LOCAL ART
  24. オープニング / The Phanky OKstra
  25. Running / The Phanky Okstra
  26. T.P.O. / The Phanky Okstra
フォーサイド・ドット・コム
2008年10月15日 LOUD PARK 08 vol.1 RRCY-29165
  1. Psychosocial(Edit) / Slipknot
  2. (Sic) / Slipknot
  3. N.O.D. / Down
  4. Now I Lay Thee Down / Machine Head
  5. Heartwork(Demo) / Carcass
  6. Heroes Of Our Time(Edit) / Dragonforce
  7. Chopped In Half / Obituary
  8. Runnin' Wild / Airbourne
  9. Blind Man / Black Stone Cherry
  10. Chain / Head Phones President
  11. What Have You Done / Within Temptation
  12. The Grand Conjuration(Edit) / Opeth
  13. Anthem(We Are The Fire) / Trivium
ロードランナー ジャパン

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
KAZUYOSHI IIJIMA The One To Break
鈴木裕太郎 Stand In The World
不明 「I Will Stay」「LIFE IS NO FAIR」「TOO SCARED」「Chain」「Nowhere」「Corroded

出演[編集]

  • 2003年07月16日・10月22日 - 「ELVIS」
  • 2005年04月19日・08月30日 - 「69★TRIBE ロック族」

参考文献[編集]

  • CD、DVDのブックレットのメンバー表。公式サイトに掲載された告知(サイトリニューアル歴不明)
  • JAG (2002年/12月号)
  • EAT magazine (2003年/NO.51)
  • リズム&ドラムマガジン (2003年/6月号)
  • BASTARDS! (2003年/Vol.11)(2004年/Vol.13)
  • BURRN! (2004年/5月号)(2005年/7月号/12月号)(2008年/1月号/11月号)(2009年/8月号/11月号)(2010年/11月号)(2011年/8月号)(2012年/7月号)(2014年/9月号)
  • METALLION (2008年/Vol.30)
  • レプリーク (2004年/6月号/Vol/51)
  • FOOL'S MATE (2004年/8月号)(2007年/2月号)
  • bounce (2007年/1月号)
  • BG Magazine (2007年/Vol.49)
  • GrindHouse Magazine (2007年/Vol.45)(2010年/Vol.61)(2012年/Vol.72)(2014年/Vol.85)
  • Guitar Magazine (2008年/1月号)(2012年/7月号)(2014年/10月号)
  • Bass Magazine (2008年/1月号/3月号)(2012年/8月号)
  • Player (2012年/8月号)(2014年/10月号)
  • MASSIVE (2014年/Vol.16)

外部リンク[編集]