ヘザー・ホワイトストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年

ヘザー・ホワイトストーン・マッカラム1973年2月24日 - )はアメリカ合衆国ろう者モデル。1994年に史上初の障害者による第70代ミス・アメリカを獲得した。

アラバマ州ドーサン出身。1歳のときに耳が聞こえなくなる。11歳のころにはCentral Institute for the Deaf(CID)で学び、3年で6学年相当のレベルで卒業した。16歳になって、両親の離婚を受け、バーミングハムに移住した。ホワイトストーンは1991年にベリー高校を卒業した。

ミス・アメリカ1995[編集]

1994年のミス・アラバマでグランプリを獲得し、9月にアトランティックシティボードウォーク・ホールで行われたミス・アメリカではヴィアドロローサの曲にあわせて、バレエで踊り、さらに水着審査も通過し、1995年のミス・アメリカを獲得した。しかしろう者でもある彼女は、司会のレジス・フィルビンには反応しなかった。初めて知らせたのは第2位のカレン・ジョンソン(バージニア州代表)だった[1]

その後[編集]

ミス・アメリカの後、ジャクソンビル州立大学で研究を重ね、聴覚障害者の問題認識を促進させ、2001年には基礎公演のため来日した。

脚注[編集]

  1. ^ Northstar Media (Summer 2007). Journey Out of Silence: The Heather Whitestone Story (Biography). アメリカン・パブリック・テレビジョン.. http://www.aptonline.org/catalog.nsf/AlphaLookup/8E63831B31285B68852573640067C2E8 

外部リンク[編集]

先代:
キンバリー・クラリス・エーケン
ミス・アメリカ
1995
次代:
ショーンテル・スミス