ヘクター・カラスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘクター・カラスコ
Hector Carrasco
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
生年月日 1969年10月22日(44歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1988年
初出場 MLB / 1994年4月4日
NPB / 2004年3月27日
最終出場 MLB / 2007年6月30日
NPB / 2004年9月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ヘクター・カラスコHector Pacheco Pipo Carrasco1969年10月22日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1994年シンシナティ・レッズでメジャーデビューを果たし、カンザスシティ・ロイヤルズミネソタ・ツインズボストン・レッドソックスボルチモア・オリオールズと渡り歩き、498試合登板という実績を持って、2004年、大阪近鉄バファローズと契約。

近鉄時代[編集]

来日当初はキャンプ、オープン戦と着実に結果を残し高い評価を受ける。2002年のオフに大塚晶則が抜けた後、絶対的なクローザーが不在だったチームにとって、クローザーとして、チームの救世主として期待され、開幕戦は最終回に来日初登板を果たし無難の立ち上がりを切った。ところが、開幕4戦目の3月30日対ロッテ戦では最終回1点リードという初のセーブ機会で、ベニー・アグバヤニ里崎智也に本塁打を浴びて逆転負けを喫したのを皮切りに、4月9日の西武戦では中島裕之にサヨナラ犠飛、同月11日の同カードでは2点リードの最終回に登板するも、同点に追いつかれて和田一浩にサヨナラ満塁本塁打(取ったアウトは小関竜也の犠飛による1死のみ)、と度重なる炎上を繰り返し、開幕からのチーム低迷の一因となった。その後も4月20日の対ロッテ戦で初芝清にサヨナラ適時二塁打、4月23日の西武戦でも逆転負けを喫する等、4月終了時点で1勝5敗2セーブ、防御率20.00と散々たる成績で、打たれるクローザーの代名詞ともなった。

4月28日の対日本ハム戦でフェルナンド・セギノールに決勝3ランを浴びる等6失点を喫すると、翌日に二軍降格となった。だが、一軍復帰後は中継ぎとしてなかなかの投球を見せ、特に7月は20イニングで自責点はわずか1と抜群の安定感を見せた。53試合の登板で76イニングスの投球回からもわかるように、主にロングリリーフとして起用されていたが、続投が裏目に出て逆転を許す事もあった。対西武戦は、4月にかなり打ち込まれた上に、8月7日の試合では4点リードの8回表2死満塁に登板してここは凌ぐも、9回表はアレックス・カブレラホセ・フェルナンデスに2ランを打たれて同点にされ、結局逆転負けを喫する等、11試合の登板で2勝5敗、防御率12.66(自責点15)とかなり相性が悪かった。

なお、2004年6月に始まった近鉄球団合併問題では、チームメイトにメジャーリーグ時代のストライキの経験を生かし、ストライキについてのアドバイスをし、プロ野球選手会所属ではないにも関わらず、球団合併反対の署名活動に他の近鉄選手と共に参加した(この署名活動は選手会が主導してのものだったので、通常は外国人選手は参加していない)。シーズン終了後、チームの消滅と共に1年で退団した。

近鉄退団後[編集]

2005年ワシントン・ナショナルズに所属。当初はマイナー契約で、その後メジャー昇格。昇格後も最初は敗戦処理が主だったが、長いイニングの中継ぎでの好投を続けることで次第に信頼を得てセットアッパーの役を受け、さらに先発投手に怪我人が続出したため、シーズン終盤は先発に転向して活躍した。この年は56試合に登板、5勝4敗、防御率2.04というキャリアハイの成績を残す。

同2005年オフにFAとなり、ロサンゼルス・エンゼルスと2年契約を結ぶ。2007年7月17日に戦力外通告を受け、2日後の19日、古巣のナショナルズとマイナー契約を結ぶ。2008年シーズンはピッツバーグ・パイレーツシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだが、メジャー昇格は果たせなかった。2009年は米国独立リーグのアトランティックリーグの3チームでプレーした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 CIN 45 0 0 0 0 5 6 6 -- .455 237 56.1 42 3 30 1 2 41 3 1 17 14 2.24 1.28
1995 64 0 0 0 0 2 7 5 -- .222 391 87.1 86 1 46 5 2 64 15 0 45 40 4.12 1.51
1996 56 0 0 0 0 4 3 0 -- .571 325 74.1 58 6 45 5 1 59 8 1 37 31 3.75 1.39
1997 38 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 237 51.1 51 3 25 2 4 46 3 2 25 21 3.68 1.48
KC 28 0 0 0 0 1 6 0 -- .143 151 34.2 29 4 16 3 4 30 8 0 21 21 5.45 1.30
'97計 66 0 0 0 0 2 8 0 -- .200 388 86.0 80 7 41 5 8 76 11 2 46 42 4.40 1.41
1998 MIN 63 0 0 0 0 4 2 1 -- .667 287 61.2 75 4 31 1 1 46 8 0 30 30 4.38 1.72
1999 39 0 0 0 0 2 3 1 7 .400 204 49.0 48 3 18 0 1 35 4 0 29 27 4.96 1.35
2000 61 0 0 0 0 4 3 1 7 .571 324 72.0 75 6 33 0 3 57 14 0 38 34 4.25 1.50
BOS 8 1 0 0 0 1 1 0 1 .500 40 6.2 15 2 5 1 1 7 0 1 8 7 9.45 3.00
'00計 69 1 0 0 0 5 4 1 8 .556 364 78.2 90 8 38 1 4 64 14 1 46 41 4.69 1.63
2001 MIN 56 0 0 0 0 4 3 1 1 .571 317 73.2 77 8 30 3 0 70 7 1 40 38 4.64 1.45
2003 BAL 40 0 0 0 0 2 6 1 8 .250 174 38.1 40 5 20 3 2 27 0 0 22 21 4.93 1.57
2004 近鉄 53 0 0 0 0 8 8 5 -- .500 341 76.0 74 12 37 3 5 70 4 1 52 47 5.57 1.46
2005 WSH 64 5 0 0 0 5 4 2 9 .556 358 88.1 59 6 38 7 6 75 6 1 23 20 2.04 1.10
2006 LAA 56 3 0 0 0 7 3 1 1 .700 417 100.1 93 10 27 1 5 72 6 0 42 38 3.41 1.20
2007 29 1 0 0 0 2 1 0 2 .667 187 38.1 44 8 23 1 1 33 3 0 34 28 6.57 1.75
MLB:12年 647 10 0 0 0 44 50 19 36 .468 3649 832.1 792 69 387 33 33 662 85 7 411 370 4.00 1.42
NPB:1年 53 0 0 0 0 8 8 5 -- .500 341 76.0 74 12 37 3 5 70 4 1 52 47 5.57 1.46

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 56(1994年)
  • 58(1994年 - 1997年)
  • 24(1998年)
  • 58(1998年 - 2001年)
  • 29(2003年)
  • 58(2003年)
  • 30(2004年)
  • 48(2005年 - 2007年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]