ヘキサメチレンジイソシアネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘキサメチレンジイソシアネート
Hexamethylene diisocyanate
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 822-06-0 チェック
PubChem 13192
ChemSpider 12637 チェック
ChEBI CHEBI:53578 チェック
特性
化学式 C8H12N2O2
モル質量 168.2 g/mol
外観 無色の液体
匂い 刺激臭[1]
密度 1.047 g/cm3液体
融点

-67 °C, 206 K, -89 °F

沸点

255 °C, 528 K, 491 °F

への溶解度 水と反応して分解し、炭酸ガスを生じる[1]
粘度 3 cP at 25 °C
危険性
引火点 130–140℃(開放式
発火点 454℃[1]
半数致死量 LD50 747mg/kg(ラット、経口[1]
関連する物質
関連するイソシアネート イソホロンジイソシアネート
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘキサメチレンジイソシアネート: Hexamethylene diisocyanateHDI)は、脂肪族ジイソシアネートの一種。2000年の生産量は、イソホロンジイソシアネートとあわせてイソシアネート市場の3.4%である[2]

脂肪族ジイソシアネートは、紫外線による劣化に対する耐性や耐摩耗性に優れたエナメルコーティングに使われ、航空機の外装塗料などに適している。

合成[編集]

HDIは2段階の方法で合成される[2]

性質[編集]

HDIは対称分子であり、反応性の等しい2つのイソシアネート基を有する。 水との混触により分解し、アミンポリ尿素を生じる。塩基アルコールアミン酸化剤とは激しく反応し、火災・爆発のおそれがある。皮膚や眼に対する腐蝕性がある。日本の消防法では危険物第4類・第3石油類、毒物及び劇物取締法では劇物に分類される[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 製品安全データシート (PDF) (昭和化学)
  2. ^ a b Randall, David; Lee, Steve (2002). The Polyurethanes Book. New York: Wiley. ISBN 978-0-470-85041-1. 

外部リンク[編集]