ヘイズ・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 陸上競技
1960 ローマ 110mハードル
1964 東京 110mハードル

ヘイズ・ジョーンズHayes Wendell Jones1938年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手。

身長178cmとハードル選手としては比較的小柄であったが、素晴らしいスタートとその走力、完璧なまでのハードリングで数々のタイトルを手にした。

110mハードルの選手として、1960年ローマオリンピック1964年東京オリンピックに出場。東京オリンピックでは金メダルを獲得した。

経歴[編集]

1958年、AAU(全米体育協会)選手権の120ydハードルで優勝し脚光を浴びる。その後同大会の120ydまたは110mハードルでさらに4回優勝、1959年には東ミシガン大学の代表としてNCAA(全米学生選手権)の120ydハードル、220ydハードルで優勝。その後パンアメリカンゲームズに出場し、110mハードルで優勝。自身初の国際大会でのタイトルを獲得する。

翌年、ローマオリンピックに出場。銅メダルを獲得し、リー・カルホーンウィリー・メイとともに表彰台を独占した。周囲はジョーンズの選手としてのピークはローマオリンピックのときであろうと見ていたが、1964年の東京オリンピックで同僚のブレイン・リンドグレンを0.1秒差で下し、金メダルを獲得した。

1961年には4×100mリレーで39秒1の世界新記録を樹立している。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1959 パンアメリカンゲームズ シカゴ(アメリカ合衆国) 110mハードル 1位 13.6秒
1960 オリンピック ローマイタリア 110mハードル 3位 14.0秒
1964 オリンピック 東京日本 110mハードル 1位 13.6秒

関連書籍[編集]

  • ロベルト・L・ケルチェターニ著 『近代陸上競技の歴史 1860-1991 誕生から現代まで<男女別>』 ベースボール・マガジン社 1992年、174-175ページ ISBN 4-583-02945-4

外部リンク[編集]