ヘアマン・ダーヴィド・コッペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘアマン・ダーヴィド・コッペル(ヘアマン・D・コペル、Herman D. Koppel、1908年10月1日 - 1998年7月14日)は、デンマークの作曲家ピアニスト、教育者。カール・ニールセンに師事し、ヴァン・ホルンボーと共に戦後デンマークの楽壇の中心人物であった。

生涯[編集]

コペンハーゲン出身。ポーランドから移住したユダヤ人の子として生まれる。5歳よりピアノを習い、1925年デンマーク音楽アカデミーに入学、1930年にコンサートピアニストとしてデビューした。初期の作品はニールセンの影響が大きかったが、1931年よりクヌーズオーエ・リスエア‎の影響でモダンな響きを取り入れるようになった。またジャズを取り入れる姿勢は一貫したものである。

1943年ナチス・ドイツからの迫害から逃れるためスウェーデンエーレブルーに亡命した。デンマークからの逃避行とユダヤ人迫害のニュースはコッペルの音楽に深い傷跡を残して、作品の題材を旧約聖書から多くとるようになった。帰還後の1949年からアカデミーで教職に就き、1955年に教授となり、1978年に退職するまで務めた。その他に1977年から1981年までデンマーク芸術文化振興財団で、1981年から1987年までデンマーク作曲家協会で役員を務めた。1998年、死去。

子どもにアンダーズ・コッペル(en:Anders Koppel1947年 - )やトマス・コッペル(en:Thomas Koppel1944年 - 2006年)がいる。

作品[編集]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番 op.5
  • 交響曲第2番 op.37
  • 交響曲第3番 op.39
  • 交響曲第4番 op.42
  • 交響曲第5番 op.60
  • 交響曲第6番「Sinfonia breve」 op.63
  • 交響曲第7番 op.70
  • 交響曲第8番 op.
  • 交響曲第9番 op.
  • 交響曲第10番 op.
  • 交響曲第11番 op.
  • 交響曲第12番 op.
  • 交響曲第13番 op.

管弦楽曲[編集]

  • 管弦楽のための協奏曲 op.101
  • 交響曲への前奏曲 op.105

協奏曲[編集]

  • クラリネット協奏曲 op.35
  • ヴァイオリンとヴィオラのための二重協奏曲 op.43
  • ピアノ協奏曲第2番
  • ピアノ協奏曲第3番 op.45
  • チェロ協奏曲 op.56
  • フルート協奏曲 op.87a

室内楽[編集]

弦楽四重奏曲[編集]

弦楽四重奏曲は20曲ある。

その他[編集]

  • ピアノ六重奏曲 op.36
  • チェロとピアノのための「テルニオ」op.53b
  • ピアノ五重奏曲 op.57
  • チェロソナタ op.62
  • ピアノ三重奏のための9つの変奏 op.80
  • ピアノ三重奏曲 op.88
  • ピアノ四重奏曲 op.114
  • ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲カンティレーナ op.117
  • 木管八重奏のための音楽 op.123
  • ヴァイオリンとギターのための二重奏曲

ピアノ曲[編集]

  • ピアノソナタ ホ短調 op.1
  • 変奏曲とフーガ op.3
  • 小品 op.7
  • 10の小品 op.20
  • 組曲 op.21
  • ピアノソナタ第1番 Op.50
  • 15の小品 Op.97a

器楽曲[編集]

  • 無伴奏チェロ組曲 op.86

合唱曲[編集]

  • オラトリオ『モーゼ』 op.76

歌曲[編集]

  • 2つの歌 op.51
  • 6つの歌 op.54


その他[編集]

ピアノ曲には、作曲者自身による自作自演の録音が多数残されている。また、ニールセンのピアノ曲の録音も残しており、デンマークのDacapoレーベルからリリースされている。

参考ページ[編集]