プーリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プーリーム(פורים, purim)は、ユダヤ暦アダルの月の14日に行われるユダヤ教祭りである。の祭り(英語:Feast of Lots)とも呼ばれる。プーリムプリムとも書かれる。

概要[編集]

春を間近に控えた季節の祭りである。子供だけでなく大人も仮装をし、賑やかな遊びに浮かれる。アダル(2月、3月に相当)の月は「一年中で一番幸せな月」とも言われるが、それはこの祭りのためでもある。

歴史的経緯[編集]

ユダヤの賢女エステル故事にちなむ祭事である。聖書メギッラーの一書である「エステル記」に記されている。

紀元前586年、エルサレムバビロニアに滅ぼされ、ユダヤ人の多くは「捕囚」となり、バビロニア各地へ強制移住させられた(バビロン捕囚)。ついでユダヤ人は、バビロニアを滅ぼしたアケメネス朝ペルシャの支配を受けた。

エステル記によれば、ペルシャ王アハシュエロスの高官であったハマンはユダヤ人の虐殺を企てた。しかしこの企みは、ユダヤ人を守ろうとする神の意志をうけたエステルおよびモルデカイによって阻まれた。ユダヤ人たちは難を逃れただけでなく、王により、敵対勢力を打倒する許しを得た。戦いが終わった日はのちに祝日とされ、宴を催し、この故事を祝う日となった。

カレンダー[編集]

太陽暦から見ると、移動祝日となる。

2004年 3月7日
2005年 3月25日
2006年 3月14日
2007年 3月4日
2008年 3月21日
2009年 3月10日
2010年 2月28日
2011年 3月20日
2012年 3月8日
2013年 2月24日

この月は、閏年には繰り返される月なので、閏年にはプーリームとその関連の祭りや記念は第二アダルの月に行う(ユダヤ暦参照)。こうすることによって、プーリムをいつも過越しの祭りの前の月に持ってくることができる。 ただし、カライ派は常にプーリームを第一アダルに祝う。

閏年におけるの第一アダルの14日と15日は「プーリーム・カタン Purim katan(小さなプーリーム)」と呼ばれ、葬儀や断食が禁じられている。

日本における受容[編集]

日本では、岐阜県加茂郡八百津町で毎年「プーリム・カーニバル」を行っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]