プント国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古文献に示されたプントへの道筋と、プント国の比定地

プント国(プントこく、プゥエネト、Land of Punt, Pwenet, Pwene[1], : Φουδ)は、古代エジプト貿易相手国の一つ。香料アフリカン・ブラックウッドコクタン象牙奴隷、野生動物などをエジプトに輸出していた[2]。当時、プントは「神の国(Ta netjer)」と呼ばれていた[3]:1/433

プント国の正確な位置は不明である。エジプトの南東にあったとする学者が大勢であり、ソマリアジブチエリトリアスーダンなどに比定されている。アラビアにあったと主張する学者もいる。

古代エジプトとの交易[編集]

ハトシェプスト王9年にプント国に遠征した兵士の絵。ハトシェプスト女王葬祭殿
ハトシェプスト時代のプントの住居

紀元前26世紀エジプト第4王朝クフ王の時代、プント国から黄金がもたらされたという記録がある。また、紀元前25世紀エジプト第5王朝サフラー王はプント国との交易をおこなっており[3]:1/161没薬白金が輸入されている[4]ウナス英語版王もプント交易を行っている[5]:p.86。その後も、エジプト第6王朝もプント国の記録を残している。

エジプト第11王朝のメンチュヘテプ3世英語版の時代(紀元前1950年頃)、ハンヌ英語版という人物がプント国への航海を計画しているが、実際に行ったのかどうかは不明である[3]:1/427-433。この時代にエジプトから紅海までの陸路の整備が行われている[5]:p.116

エジプト第12王朝のセンウセルト1世英語版と次代のアメンエムハト2世英語版は、プントに探検隊を送り込むことに成功している[6]:p.145。エジプト第12王朝時代には難破した水夫の物語英語版という物語が作られており、その中にプント国の詳細な描写が登場する。

紀元前15世紀のエジプト第18王朝ハトシェプスト女王は古代エジプトでプントとの交易に最も熱心なファラオの一人だった。ハトシェプストは、カルナック神殿の埋葬品を調達するため、ヌビアの金を財源に紅海艦隊を作り、アカバ湾の最奥エイラートから、約500年ぶり[7]となるプントとの交易を行っていた。ハトシェプストの時代、プントからは乳香没薬がもたらされている[8]ハトシェプスト女王葬祭殿には5隻の船団による航海の記録がレリーフで残されている[9][6]:p.149。そこには、ハトシェプストが航海責任者で大臣でもあるネシ英語版にプントから宝物を奪い取るよう命じたかのような説明があり[6]:p.147、エジプトに有利な不平等貿易だった様子が伺える[7]。もっとも、ハトシェプスト女王葬祭殿のレリーフには誇張もある[10]。ネシが行ったのは単なる交易で、対価として青銅製品や装身具などが渡されており[4]、その交易もハトシェプストの時代より昔から行われていたものであって、プントの王もネシを歓迎しているとする説もある[6]:p.147, 149。プントから輸出された品は、香料やコクタンの他、アフリカ各地から運ばれてきた金、象牙毛皮などだった。レリーフによれば、当時のプント王の名はパラフ、王妃はアティであった[3]:1/246-295。プントの住居は高床式だった[4]。当時のエジプト人にとって、プントへの航海は今日の月旅行に匹敵するほどの難事業だった[6]:p.145, 148。ハトシェプスト王の統治9年、神アメンへの航海成功の祈願が残されており、そこに生きたままの香の樹を始めとする宝物を持ち帰るとの決意が述べられている[11]。実際、葬祭殿の参道からその香と同じ種類と思われる木片が見つかっている[10]。同じく第18王朝のトトメス3世の33年と38年[4]や、アメンホテプ3世の時代にもプントとの交易が行われている[6]:pp.145-146

プントとの交易は、エジプト第20王朝でも続けられている[6]:pp.145-146

エジプト第20王朝の時代、つまりエジプト新王国の時代が終わると、プントとの交易は途絶えた。その後、プントは神話と伝説の国となり、非現実的な夢の国として語られるようになった[6]:p.146

場所[編集]

主要都市テーベ、コプトス、陸路ワディ・ハンママート(点線)。

大ハリス・パピルス英語版には、エジプト第20王朝の初期の王ラムセス3世英語版の時代のプントへの旅程が記されている。それによると、コプトス英語版まではナイル川を使い、そこで輸入品を輸出品と積み替え、降ろされた輸出品は、ロバと人力で陸路を[12]紅海Qusayr)まで運ばれ、そこからプントまでは船が使われた。紅海を通ったことは、描かれた魚の種類からの推定である[10]。陸路はワディ・ハンママート英語版などである[7]ワディとは涸れ川のことで、当時、砂漠を通る道としてよく利用されていた。

2003年、テーベの南50キロメートルの町エル・カブ英語版にあるエジプト第17王朝時代の地方領主Sobeknakht IIの墓から見つかった文献には「エジプトとエル・カブは、クシュとその同盟国プントに南部から攻撃された」との説明が書かれている[13][14]。クシュはナイル川の上流にある国で、今日のスーダンにあった。

プントはアフリカ東部にあったと説が有力である。根拠としては、ハトシェプストの遺跡に見られるプントの物産が、アフリカ東部にはあり、アラビアには無いものが多いためである。例えば金、没薬、コクタンゾウなどが挙げられる。野生動物としてキリンヒヒカバヒョウも描かれている。そのためもあり、ソマリア、ジブチ、エリトリア、スーダンなどに比定されている[15]。現代の学者リチャード・パンカースト英語版は「古代エジプト人は、紅海南部の沿岸を漠然とプントと呼んでいたが、金や象牙の産地として取り上げられることが多いことから見て、主にアフリカ沿岸を指していたのだろう」と述べている[2][6]:p.147[16][17]

ブリタニカ百科事典はプントについて「古代エジプト、ギリシア時代においての地方名で、紅海およびアデン湾の南岸、今日のエリトリア、ソマリア、ジブチ沿岸である」と説明している[18]。考古学者の吉村作治は著書の中でスーダンエリトリアが有力としている[4]

ただし、ディトリ・ミークスは古代エジプトの文献に書かれている周辺地域の状況から、プントはアラビア半島であるとの説を取っている[19]

神の国[編集]

エジプト民族は時に、プントを「神の国」(Ta netjer)と呼んでいた[3]:2/658。これは、プントがエジプトから見て太陽神の方角、すなわち東にあったことに由来する。また、プントからの交易品、とりわけ香が主に寺院で使われたことにもよる。ただし、プントに限らず、エジプト東方のアジア、エジプト北東のレバノンなども、寺院の木材などがもたらされることから、神の国と呼ばれたこともある[3]:2/451,773,820,888

古い文献には「神の土地とは祖先の土地の意味であり、エジプト人はプント方面からやってきた」とする説明もある。例えば1970年のジョン・ホワイト[20]、1939年のW. M. フリンダー[21]、1914年のE. A. ワリス・ブッジ[22]などがある。ただし、この考えは現在の主流ではない。

ギャラリー[編集]

Queen of punt.jpg
ハトシェプスト女王葬祭殿のレリーフに残されたプント王妃の肖像画。この王妃の特徴的な姿勢は病気等によるものだとの説もあり、例えば脂肪臀症英語版[5]:p.179象皮病[23]筋ジストロフィー[24]などが推定されている。
Pwenet.gif

エジプト文字によるプント(pwenet)の綴り。エジプト新王国の頃は末尾のtは発音されなかった。ウサギは「wn」、最後の記号は「国」を意味する。
Punt2.JPG
プントの住宅と香木のレリーフ
Deir el Bahari 080510.jpg
プントの様子のレリーフ
Punthouse02.jpg
プントの住宅の想像図

脚注[編集]

  1. ^ Ian Shaw & Paul Nicholson (1995). The Dictionary of Ancient Egypt. New York: Harry N. Abrams. pp. p.231.. ISBN 978-0810932258. 
  2. ^ a b Shaw & Nicholson, p.231.
  3. ^ a b c d e f Breasted, John Henry (1906-1907), Ancient Records of Egypt: Historical Documents from the Earliest Times to the Persian Conquest, collected, edited, and translated, with Commentary, 1-5, University of Chicago Press 
  4. ^ a b c d e 『古代エジプトを知る事典』 吉村作治、東京堂出版、2005年、pp.242-247。ISBN 4-490-10662-9
  5. ^ a b c 松本弥 『古代エジプトのファラオ』 弥呂久、1998年ISBN 978-4-562-04289-0
  6. ^ a b c d e f g h i Joyce Tyldesley, Hatchepsut: The Female Pharaoh, Penguin Books, 1996 hardback
  7. ^ a b c 山花京子 『古代エジプトの歴史』 慶応大学義塾出版、2010年、pp.26-29。ISBN 978-4-7664-1765-4
  8. ^ Muhammed Abdul Nayeem (1990). Prehistory and Protohistory of the Arabian Peninsula. Hyderbad, India: Hyderabad Publishers. 
  9. ^ 佐川信子 (2000年10月11日). “古代アラビアの香料 (PDF)”. 中東協力センター. 2011年2月28日閲覧。
  10. ^ a b c A. J. スペンサー 『大英博物館 図説 古代エジプト史』 原書房、2009年、pp.287-289。ISBN 978-4-562-04289-0
  11. ^ E. Naville, The Life and Monuments of the Queen in T.M. Davis (ed.), The tomb of Hatshopsitu, London: 1906. pp.28-29
  12. ^ K.A. Kitchen, Punt and how to get there, Orientalia 40 (1971), 184-207:190.
  13. ^ “Elkab's hidden treasure”. Al-Ahram Weekly 649. (2003). http://weekly.ahram.org.eg/2003/649/he1.htm. 
  14. ^ Dalya Alberge (2003年7月28日). “Ancient Egypt's Humiliating Secret”. Times Online. http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article851852.ece 2011年3月18日閲覧。 
  15. ^ Simson Najovits, Egypt, trunk of the tree, Volume 2, (Algora Publishing: 2004), p.258.
  16. ^ Richard Pankhurst The Ethiopians. A History, 1998
  17. ^ Hatshepsut's Temple at Deir El Bahari By Frederick Monderson
  18. ^ "Punt." Encyclopædia Britannica. Encyclopædia Britannica Online. Encyclopædia Britannica, 2011. Web. 17 Mar. 2011. <http://www.britannica.com/EBchecked/topic/483652/Punt>.
  19. ^ Dimitri Meeks (2003). “Chapter 4 - “Locating Punt””. In David B. O'Connor and Stephen Quirke. Mysterious Lands. Left Coast Press. ISBN 978-1598742077. 
  20. ^ White, Jon Manchip., Ancient Egypt: Its Culture and History (Dover Publications; New Ed edition, June 1, 1970), p. 141. "It may be noted that the ancient Egyptians themselves appear to have been convinced that their place of origin was African rather than Asian. They made continued reference to the land of Punt as their homeland."
  21. ^ “The Making of Egypt” (1939). Petrie states that the Land of Punt was “sacred to the Egyptians as the source of their race.”
  22. ^ Short History of the Egyptian People, E. A. Wallis Budge
  23. ^ Dan Richardson Rough guide to Egypt
  24. ^ 鈴鹿病院 縄文の筋萎縮症

参考文献[編集]

  • Bradbury, Louise (1988), “Reflections on Travelling to 'God's Land' and Punt in the Middle Kingdom”, Journal of the American Research Center in Egypt 25: 127–156 .
  • Fattovich, Rodolfo. 1991. "The Problem of Punt in the Light of the Recent Field Work in the Eastern Sudan". In Akten des vierten internationalen Ägyptologen Kongresses, München 1985, edited by Sylvia Schoske. Vol. 4 of 4 vols. Hamburg: Helmut Buske Verlag. 257–272.
  • ———. 1993. "Punt: The Archaeological Perspective". In Sesto congresso internazionale de egittologia: Atti, edited by Gian Maria Zaccone and Tomaso Ricardi di Netro. Vol. 2 of 2 vols. Torino: Italgas. 399–405.
  • Herzog, Rolf. 1968. Punt. Abhandlungen des Deutsches Archäologischen Instituts Kairo, Ägyptische Reihe 6. Glückstadt: Verlag J. J. Augustin.
  • Kitchen, Kenneth (1971), “Punt and How to Get There”, Orientalia 40: 184–207 
  • Kitchen, Kenneth (1993), “The Land of Punt”, in Shaw, Thurstan; Sinclair, Paul; Andah, Bassey et al., The Archaeology of Africa: Foods, Metals, Towns, 20, London and New York: Routledge, pp. 587–608 .
  • Meeks, Dimitri (2003), “Locating Punt”, in O'Connor, David B.; Quirke, Stephen G. J., Mysterious Lands, Encounters with ancient Egypt, 5, London: Institute of Archaeology, University College London, University College London Press, pp. 53–80, ISBN 1-84472-004-7 .
  • Paice, Patricia (1992), “The Punt Relief, the Pithom Stela, and the Periplus of the Erythean Sea”, in Harrak, Amir, Contacts Between Cultures: Selected Papers from the 33rd International Congress of Asian and North African Studies, Toronto, August 15–25, 1990, 1, Lewiston, Queenston, and Lampeter: The Edwin Mellon Press, pp. 227–235 .
  • O'Connor, David (1994), Ancient Nubia: Egypt's Rival in Africa, University of Pennsylvania Press, pp. 41–44.

古い文献[編集]

  • Johannes Dumichen: Die Flotte einer ägyptischen Königin, Leipzig, 1868.
  • Wilhelm Max Müller: Asien und Europa nach altägyptischen Denkmälern, Leipzig, 1893.
  • Adolf Erman: Life in Ancient Egypt, London, 1894.
  • Édouard Naville: "Deir-el-Bahri" in Egypt Exploration Fund, Memoirs XII, XIII, XIV, and XIX, London, 1894 et seq.
  • James Henry Breasted: A History of the Ancient Egyptians, New York, 1908.

外部リンク[編集]

News reports on Wadi Gawasis excavations[編集]